ドイツのETIAS - ドイツの欧州ビザ免除

現在、ドイツへの訪問者は3つの異なるグループに分類されます。最初のグループは、他のEU諸国の市民と、ドイツと相互協定を結んでいる他の1つまたは2つのシェンゲン加盟国の市民です。これらの人々は自由にドイツに入国し、好きなだけ滞在することができます。2番目のグループは、欧州への入国制限が比較的緩い60カ国の市民です。彼らは欧州のどこでも到着時にパスポートを提示する必要があり、その後最大90日間滞在することができます。ETIASまたはEUパスポートを使用して旅行する資格のない他の渡航者は、欧州に入国する前にシェンゲンビザを取得する必要があります。

ETIAS制度(欧州渡航情報認証制度)が2023年初頭に正式に開始されると、先述の2番目のグループの人々は全員、到着前に許可(渡航認証)を取得する必要があります。これにより、欧州訪問者に関する情報の流れが改善され、欧州がこれまで抱えてきた問題のいくつかを防止できることが期待されています。手続きは非常に簡単です。申請はオンラインで行い、10分程度で完了します。7ユーロの手数料を支払う必要があり、一度承認されると3年間有効です。

ドイツはシェンゲン協定加盟国です。

EUについて分かりにくいことの1つに、シェンゲン協定があります。シェンゲン協定は、EUとは間接的にのみ関連しています。これは、国境を越えた移動のための共通の取り決めとして、現在のEUのほとんどの政府が合意しているものです。ドイツのようなシェンゲン協定加盟国の市民であれば、他のシェンゲン協定加盟国へ自由に移動、居住、就労することができます。シェンゲン協定は、その他のEU圏外からの訪問者にも影響を与えます。例えば、最大90日間の滞在期間はシェンゲン圏全体が対象となります。例えば、ドイツで30日間過ごした場合は、あと60日間しか滞在できませんが、シェンゲン協定加盟国によっては個別の例外が設けられています。

ドイツの主な見どころは何ですか?

ドイツはEU諸国の中でもとりわけ重要な国で、経済大国です。一般的な観光客を満足させるには十分な魅力があります。伝統的な村や近代的な都市など、多種多様です。各都市には独自の個性があるため、複数の都市を訪れて、ドイツの都市生活を体験してみるのもよいでしょう。10月のミュンヘンのビール祭りなど、ドイツにはたくさんのお祭りがあることもお忘れなく(もちろん、ビールがお好きな方向けです)!

また、ドイツには非常に変化に富んだ田園風景があります。ライン渓谷は、お城や、温暖な気候、ブドウ畑、川を上下するクルーズで有名です。北海岸は平坦で一年中風が吹いていますが、興味深いいくつかの島々があります。これは、中欧の最高峰ツークシュピッツェを擁する高山地帯であるバイエルン地方とは非常に対照的です。

私はドイツへの入国にETIASが必要でしょうか?

ドイツのETIASビザ免除が必要となるのは、準備が完了し、インフラが整ってからです。どの旅行代理店や航空会社も、あなたにビザが必要かどうか把握しているはずです。また、ドイツへの渡航にETIASが必要かどうかアセスメントを受けることもできます。EU委員会は、2023年初頭までに運用の準備が整うだろうとの見通しを発表したばかりです。基本的に、EUのパスポートをお持ちでなく、欧州への渡航にビザが必要ないことが確かな場合は、恐らく欧州の国境検問所や空港に到着する前に、渡航認証(ETIAS)が必要となるでしょう。