ギリシャのETIAS - ギリシャの欧州ビザ免除

ギリシャはシェンゲン協定加盟国であると同時に欧州連合加盟国でもあるため、ギリシャへの渡航には欧州渡航情報認証制度(ETIAS)が影響します。現在、多くの非EU市民は欧州に到着する前にビザを取得する必要はありません。ただし、有効なパスポートが必要で、十分な資金があるという証明や、帰りの航空券の提示が必要な場合もあります。

EU圏外からの渡航者は、特別なビザを事前に申請することなく、欧州全域に最大90日間滞在することができます。多くのEU諸国は、これまでの制度は緩すぎると考えており、より厳しい制度にしたいと考えています。ETIAS制度が(EU委員会によれば2023年初頭に)導入された後は、これまでビザが必要でなかった人々も到着前に許可を得る必要があります。渡航認証(ETIAS)を取得したら、最大90日間まで欧州中を旅行することができます。

シェンゲン協定とは何ですか?

シェンゲン協定とEUの違いは少し分かりにくいかもしれません。実際、欧州人にシェンゲン協定について尋ねても、あまりよく知らない場合があります。シェンゲン協定とは、欧州の多くの国々の間で結ばれた、入国や国境の規制を標準化するための協定です。シェンゲン協定加盟国の国民は、誰でも各国間を自由に移動できますが、渡航者は最初のシェンゲン協定の国境検問所に到着したら、ビザを持っているか、パスポートにスタンプを押してもらう必要があります。1つか2つの例外を除き、ほとんどすべてのシェンゲン協定加盟国はEUの加盟国です。ただし、すべてのEU加盟国がシェンゲン協定を結んでいるわけではありません。先述のとおり、ギリシャはシェンゲン協定とEUの両方に加盟しています。

なぜギリシャはそれほど人気の渡航先なのでしょうか?

当然ながら、ギリシャは非常に人気の渡航先です。気候や、ビーチ、島々、歴史、文化、食べ物、音楽など、他の追随を許さない要素が揃っています。ギリシャ本土とトルコの間にあるのどかなエーゲ海の島々やイオニア諸島には、何百万人もの人々が足を運んでいます。一つの島に留まる人もいれば、島から島へ移動する人もいます。おすすめの島をご紹介するには長い時間がかかるでしょう。

他の主要な見どころは、ギリシャの古代文明や、誰もが観覧できるように保存された遺跡などです。アテネは人気にふさわしい観光地です。パルテノン神殿はギリシャの首都で最も多くの人が訪れる場所でしょう。

私はギリシャのETIASビザ免除は間もなく必要になりますか?

以前欧州に渡航されたことがある方は、事前にビザを取得しなければならなかったかどうか記憶されているはずです。EU非加盟国の市民の多くはこれまでビザが必要ありませんでしたが、ETIASの義務化後は、事前にオンラインで申請する必要があります。ETIAS制度は、米国のESTA制度と同様に機能します。欧州に到着する少なくとも96時間前にオンラインフォームでいくつかの情報を提供し、7ユーロの料金を支払うと、渡航が「許可」されます。

シェンゲンビザとは異なり、ETIASはビザではありません。ETIASが必要で、イタリアに到着した場合、その後シェンゲン協定加盟国であれば、合計90日間どこにでも行くことができるようになると予想されます。これにはギリシャも含まれるため、欧州に着いたら、パスポートを提示する準備をする以外、国境を越える前にさらなる許可は必要ありません。ETIAS認証は、再申請が必要になるまで3年間有効なため、欧州に何度も渡航される方には便利です。