オーストリアのETIAS - オーストリアの欧州ビザ免除

欧州では、前例のない難民の増加や多数のテロ攻撃を経験した後、国境警備体制が強化されていることをご存知でしょうか。オーストリアや他のEU諸国を訪れる多くの人々は、現在、到着前にビザ取得する必要はありません。実際、多くの人々は国際空港などの国境でパスポートを提示すればよいだけです。パスポートが有効で、入国管理官が認めれば、欧州全土で90日間の滞在が許可されます。オーストリアへの訪問者の多くは、他のEU諸国から陸路で到着するため、全くパスポートの提示を求められないこともあります。このため、オーストリアや他のEU諸国は、欧州のビザ免除制度の導入を検討しています。

新しい制度では、これまで「ビザ免除」を受けていた非欧州人は、事前に「渡航認証」を申請する必要があります。これはビザのようなものですが、オンラインで申請して料金を支払うだけで済むため、より簡単に取得できるようになります。この新しい制度は、欧州渡航情報認証制度(ETIAS)と呼ばれています。現在はまだ準備中ですが、2023年から実施される予定です。

オーストリアはシェンゲン圏の一部です。

欧州についてよく人々が混乱するのは、欧州連合とシェンゲン協定の違いです。例えば、オーストリアはEUとシェンゲン協定の両方に加盟しています。欧州連合にはetias.eu_countries_numberカ国が加盟しており、市民の自由な移動や貿易のための共通の市場を可能にします。シェンゲン協定は、移民やビザの要件に関する標準として、より具体的に設定されました。実際、シェンゲン協定のほぼすべての加盟国はEUにも加盟しています。

ノルウェーのように、EUには加盟していないものの、シェンゲン協定には加盟している国もいくつかあります。アイルランドのように、EUには加盟しているものの、シェンゲン協定には加盟していない国もいくつかあります。EU外の人々にとって少し分かりにくいのも不思議ではありません。基本的には、シェンゲンビザを取得すると、シェンゲン圏内のどこでも90日間滞在できますが、シェンゲン協定に加盟していないEU諸国も訪問したい場合は、別のビザが必要になることがあります。ETIAS協定は、シェンゲン協定加盟国への渡航に影響を与えると予想されます。

オーストリアに人々が渡航する理由は何ですか?

オーストリアは長い間欧州の観光地として知られてきました。国の大部分は標高500メートル以上あり、美しい山の景色や、緑豊かな牧草地、趣のあるアルプスの村々などが特徴です。渓谷や険しい山腹を車で探索できる場所も多く、あらゆる好みや予算に適した宿泊施設があります。

オーストリアは、その文化遺産と考古学的な素晴らしさでも知られています。ウィーンは今でも主要な観光地であり、長い歴史のある美しく魅力的な都市です。ウィーンは、音楽や、演劇、オペラ、芸術の中心地です。

私はオーストリアのETIASビザ免除が必要でしょうか?

欧州連合(EU)加盟国の国籍、またはEUに加盟していないシェンゲン協定加盟国の国籍をお持ちの場合、ETIASは必要ありません。これまで事前にシェンゲンビザを必要としていた国の国籍をお持ちの場合、ETIASを申請する必要はほとんどありません。あなたが欧州市民でなく、ETIASの導入以前にあなたの国がビザを免除されていた場合は、おそらく2023年にETIASを取得する必要があります。