オランダのETIAS - オランダの欧州ビザ免除

EUは、ETIAS(欧州渡航情報認証制度)と呼ばれるビザ免除プログラムが、2023年初頭に開始されることを発表しました。開始まではまだ数年間の余裕があるため、今までオランダや欧州の他の場所に行くためにビザが必要でなかった場合、2023年までは必要ありません。ETIASは、テロ攻撃の増加や難民の多さに悩まされている欧州の治安レベルを向上させるために導入されるものです。EUの多くの加盟国は、欧州諸国間の入国管理規則があまりにも緩く、犯罪者や安全保障上の脅威と見なされる訪問者が簡単に悪用できてしまうことを懸念しています。ETIAS制度は、現在米国で使用されているビザ免除制度に似ています。オランダのETIAS開始後、費用は渡航認証1件申請者1名につきわずか7ユーロで、取得後はオンラインの申請フォームで再申請が必要となるまで3年間有効です。

オランダ、EU、シェンゲン協定

オランダは欧州連合の創設メンバーの1つです。初期の頃、EUは「共通市場」と呼ばれ、貿易障壁を最小限に抑えることによって加盟国の経済を後押しすることを意図していました。大幅に拡大した欧州連合には、現在27カ国が加盟しており、EU政府がこれらの国に与える影響は、最初に発足したときよりもはるかに多様です。オランダを含むほとんどのEU諸国はシェンゲン協定に加盟しており、シェンゲン協定とEUは間接的にのみ関係しています。シェンゲン協定加盟国の国民は誰でもシェンゲン圏内を自由に旅行できますが、EUおよびシェンゲン協定加盟国以外のパスポート所有者は、事前にビザ(シェンゲンビザ)を取得するか、到着時にパスポートにスタンプを押してもらう必要があります。

チューリップと風車 - オランダの旅行

オランダは、大部分が非常に平坦で人口が多いにもかかわらず、依然として人気の渡航先です。オランダを訪れる人の多くは、チューリップや、風車、アムステルダムの運河など、オランダを象徴するイメージを思い浮かべがちです。

オランダの一部で栽培されているチューリップを見たい場合は、開花後すぐに収穫されてしまうため、適切な時期に行く必要があります。チューリップ畑のほとんどは国の北部にあり、北部には複数の驚くべき広大な埋め立て地もあります。これらは「ポルダー」と呼ばれ、村々が点在しています。

風車は以前ほど多くはないものの、まだたくさんありますが、今日では機能的な価値があるというよりも、歴史的な名残となっています。スキーダムにある世界で最も高い風車や、キンデルダイクにある19基のよく保存された風車がおすすめです。

私はオランダへの入国にETIASが必要でしょうか?

etias.etias.year_launch年にこの制度が正式に導入された後、対象となる渡航者は、EUまたはシェンゲン協定加盟国の市民でなく、欧州へのビザも必要ない場合、ETIASの申請が必要となります。制度開始時に市民が事前にETIAS認証を申請する必要がある国は60カ国あります。