アルゼンチン市民のためのETIAS


ETIAS for Argentinian Citizens

ETIASの資格

 アルゼンチンはETIAS導入時の対象国となります
 アルゼンチンの市民は2023年以降ETIASを申請する資格があります
 アルゼンチンの市民はETIASを申請するためにオンライン申請システムを使用することができます

ETIASのその他の要件

 アルゼンチンの市民はオンラインでETIASを申請することができます
 ETIASは、空路、海路、または陸路で欧州に渡航する際に有効です
 渡航者は機械読み取り可能な電子パスポートを持っている必要があります
 ETIASは、短期の観光や、ビジネス、乗り継ぎ、医療での渡航を対象としています
 18歳未満または70歳以上の申請者は、ETIASを無料で取得することができます


アルゼンチンの市民は、一般的な観光や、ビジネス、乗り継ぎ、医療目的で、最大90日間の短期間欧州の加盟国に入国するためにETIASを申請する必要があります。

ETIASプログラムは2023年に開始される予定で、テロ活動の世界的な増加に対応するため、海外からの渡航者を審査することを目的としています。

ETIASプログラムは、2016年に承認されたもので、既存の入国管理データベースやその他のセキュリティデータと連携して、参加する欧州諸国にシームレスな新しい審査ツールを提供するために、必要なシステムを4年かけて開発する予定です。

2023年以降、アルゼンチンの市民は、欧州行きの航空機や、船舶、バスに搭乗する前に、ETIAS申請を行う必要があります。これには、他の目的地に向かう途中に欧州で乗り継ぎするだけの渡航者も含まれます。

90日以上、またはETIASプログラムで許可された目的以外で欧州への渡航を希望するアルゼンチンの市民は、シェンゲンビザを申請する必要があります。https://etias.jp/のホームページアセスメントを使用すると、詳細をご覧いただけます。

アルゼンチンの市民の方は、出発日の96時間前にETIAS申請書に記入されることをお勧めします。詳細については、ETIASの要件のページまたはETIASに関するよくあるご質問(FAQ)をご覧ください。ETIASの遅延や拒否のリスクを避けるため、ETIASの申請を開始する前に、これらのページを確認することをお勧めします。

2023年以降は、ETIASを申請する前にアルゼンチンの正式な市民であることが要件となるため、異なるステータスのパスポートや書類渡航をお持ちの場合は、ETIASではなく正式なシェンゲンビザを申請しなくてはならない可能性があります。

アルゼンチン市民のETIAS申請は、数分以内に処理および承認されます。承認はPDF文書の形で電子メールで送信されます。ETIASは欧州の入国管理システムに保存されているパスポートの詳細と照合して電子的に保存されるため、書類の印刷や提示は必要ありません。

ETIASのメリット

  • ETIASは発行日から3年間有効です
  • 合計90日以内であれば複数回の入国に使用できます
  • 迅速な認証や電子的な取得が可能です
  • デスクトップや、タブレット、モバイルデバイスで申請できます

ETIASの申請に関するアドバイス

  • 出発の96時間前までに申請書を提出してください。
  • ETIASの申請を拒否された場合でも、渡航者は正式な観光ビザを申請することができます。
  • ETIASは、欧州への渡航を保証するものではありません。最終的な判断は欧州の到着国の国境警備担当者によって行われます。