ETIASの要件

ETIASを申請するには、パスポートと、インターネットに接続できるコンピュータまたはモバイルデバイス、および有効なお支払い方法が必要です。申請書の提出には20分ほどかかりますが、これは追加で記入する必要がある項目の数によって異なる場合があります。2023までETIASを申請する必要はありませんが、以下は事前に申請について考えるのに役立つガイダンスです。

申請時の記入欄

申請者は、ETIAS申請の一環として以下の情報を提供する必要があります。

  • 姓(苗字)、名、出生時の姓、通常の名前、生年月日、出生地、出生国、性別、現在の国籍、申請者の両親の名、自宅の住所。
  • パスポートや渡航書類情報。
  • 該当する場合は、その他の国籍または市民権に関する情報。
  • 永住権のある住所。
  • メールアドレスと電話番号。
  • 最初に入国する予定の加盟国。
  • 教育や現在の職業に関する情報
  • ETIASの経歴と適格性に関する質問質問は、病状や、他の感染性または伝染性の寄生虫病、財物・他人・組織への重大な損害に関わる犯罪歴、違法薬物の密売歴、紛争地域への渡航歴、および過去の入国・旅行歴で申請者がEU加盟国へ強制送還または入国拒否されたことがあるかどうかなどに関係しています。
  • 申請者が未成年者の場合は、責任者の身元。
  • 申請者とは異なる人物が申請する場合は、その人物と、その人物が代表する会社の身元(該当する場合)。
  • 在留カードなしで自由な移動が許可されたEU市民や第三国国民の家族の場合は、家族の一員であることの証明や、申請者と関係のある家族の身元の詳細、その家族との関係。

対象者

以下のいずれかの国のパスポートが必要です。このリストは、最新のETIAS対象国を反映するため、定期的に更新されています。

書類

申請するには、以下の書類を必ずお持ちください。

  1. 現在の有効なパスポート - パスポートは欧州に到着する時点で有効である必要があります。
  2. 機械で読み取り可能なパスポート - パスポートには、経歴の詳細ページに機械で読み取り可能な部分が含まれている必要があります。
  3. 電子パスポート - これは普遍的な要件ではありませんが、パスポートは電子パスポートサインまたはチップを備えた電子パスポートである必要があるかもしれません(下図を参照)。
Digital Passport Photo for ETIAS Application
デジタルのパスポート写真
Machine Readable Passport for ETIAS Application
機械で読み取り可能なパスポート
Electronic Passport Chip for ETIAS Application
電子パスポートチップ

料金と支払い

ETIASの申請手数料は7ユーロですが、18歳未満または70歳以上の渡航者は手数料が免除されます。デビットカードやクレジットカードでの支払いが可能です。

18歳から70歳までの申請者が手数料を支払うと、ETIAS申請が処理され、数分以内に審査結果が得られます。

シェンゲンビザ

ETIASの資格がない場合、またはETIASの申請が拒否された場合は、欧州を訪問するためにシェンゲンビザを申請する必要があります。

ETIASで付与された期間よりも長くEUに滞在したい場合は、滞在目的に基づいて適切なビザカテゴリーに切り替える必要があります。