ETIASに関するよくあるご質問(FAQ)

ETIASプログラムに関するよくあるご質問と回答を以下に掲載します。この「ETIASに関するよくあるご質問」で必要な情報が見つからない場合は、お気軽にまでお問い合わせください

すべて展開する | すべて折りたたむ


ETIASプログラムに関する一般的なご質問

最近、欧州連合(EU)の新しい渡航認証制度の提案について多くのニュースがありました。この制度はもともと5年前に提案されたものですが、フランスやベルギーでテロ事件が発生し、地域の治安対策の改善の必要性が感じられたため、近年、開発が加速しています。提案された制度は、欧州渡航情報認証制度(ETIAS)と呼ばれ、米国で使用されているESTAという同様のビザ免除制度に基づいています。この制度の目的は、現在欧州連合(EU)にビザなしで渡航している渡航者に関する情報を収集し、シェンゲン協定加盟国への渡航が許可される前に、安全保障上の懸念がある人物を確実に特定することにあります。EUは、EUへの訪問者に渡航認証を発行し、シェンゲン圏内の旅行を監視するための集中システムを持つことにより、EU市民の内外での安全を向上させることを主な目標としています。

欧州以外の人々にとって、欧州への渡航の際に特に分かりにくいのは、欧州連合(EU)とシェンゲン圏の違いです。EUは欧州内の27の加盟国で構成されており、その数は、さまざまな国が申請し、その後加盟が認められるにつれて、年々増加してきました。EUのほぼすべての国はシェンゲン圏にも含まれます。しかし、すべてのEU加盟国がシェンゲン協定に加盟しているわけではなく、すべてのシェンゲン協定加盟国がEUに加盟しているわけでもないため、さらに分かりにくくなっています。

26カ国が加盟するシェンゲン圏は、圏内の人々が国境を越えて自由に移動できるよう設定されていますが、圏内に渡航、就労、居住、就学できる人物や滞在期間については、共通の規則が定められています。

ETIASは、現在ビザが免除されている欧州への短期渡航者やビジネス訪問者を対象とした新しい形式の渡航認証です。これには、米国や、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの国だけでなく、他の数十カ国からの訪問者が含まれます。どの渡航者にETIASが必要かについての詳細は、以下をご覧ください。 https://etias.jp/etiasとは何ですか?/etiasが必要なのは誰ですか?

欧州モデル案と同様に、米国のビザ免除制度は、米国内でのテロ事件、特に2001年9月のツインタワー攻撃事件の後に導入されました。最近は非常に多くの人々がインターネットに慣れ親しんでいるため、オンラインでの入国申請の方がはるかに簡単です。米国のESTAは、「低リスク」とみなされる特定の国からの渡航者にのみ使用されます。つまり、例えばオランダ国籍や日本国籍の方は、米国への渡航前にESTAを申請することができます。スーダン国籍やイラン国籍の方は、正式なビザが必要となります。

ESTAにより、米国への入国を許可された人をある程度監視できる一方で、正式なビザの申請に必要な事務手続きを簡略化することができます。ESTA取得者は現在、真正な旅行で一度に最大90日間米国に滞在することができます。訪問者がより長期間の滞在を希望する場合は、正式なビザを申請する必要があります。

最近カナダでも、eTAと呼ばれる、ESTAやETIAS案と非常によく似たビザ免除制度が導入されました。

強制的なETIAS導入の主な利点は、シェンゲン協定加盟国のセキュリティを強化するために渡航者に関するデータベースを提供できることです。しかし、もう一つの利点として、委員会が受け取る収入が大幅に減少した今、EUの財政を大いに潤すことができると言われています。仮に、提案されたようにETIASの申請者が1人7ユーロを負担することになれば、2023年の予想収益は2億ユーロにのぼる可能性があります。

ETIASの申請に関するご質問

この制度により、現在シェンゲンビザを必要としない人々が、有効かつより簡単にシェンゲン協定加盟国へ渡航できるようになります。実際、現在シェンゲンビザを必要としない国はかなりたくさんあります。つまり、そうした国々の人々は、近いうちにETIASの申請が必要となる可能性があります。

現在のシェンゲン協定の入国規則は、ビザが必要な人と、今まで必要でなかった人のどちらにとっても少し複雑です。複数のシェンゲン協定加盟国に渡航する場合や、1カ国だけに渡航する場合、そして渡航先で何をしたいかによって、さまざまな取り決めがあります。シェンゲン協定に加盟していない他のEU加盟国に住む人々にとって、シェンゲン圏内での入国や移動に制限はありません。

この制度の変更により、承認された国の国籍を持つ「第三国」の市民は、予想される旅行の少なくとも96時間前にETIASを申請し、必要な料金を支払うことができます。これには、アメリカや、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、および現在ビザを必要としない、「低リスク」と見なされる多くの国籍の人々が含まれます。

ETIASは、他の電子渡航認証と同様にオンラインでのみ申請することができます。郵送や郵便での申請は受け付けていません。

いいえ、渡航者1人につき1つの承認済みETIASがあれば、すべてのETIAS加盟国を訪問することができます。訪問する加盟国ごとにETIASを申請する必要はありません。ETIAS認証は、渡航者のEU出入国地点に関係なく、すべてのETIAS加盟国で有効です。

オンライン申請書の記入には10分もかかりません。提出後、ETIASの申請は即座に処理され、96時間以内にシステムから結果を受け取ることができます。申請者から追加の書類が必要な場合、ごく一部の申請では処理に4週間ほどかかることがあります。ETIASがまだ承認されておらず、その他の渡航認証もお持ちでない場合、欧州連合(EU)内の国に入国することはできません。

18歳から70歳までの個人は、 ETIASの申請に7ユーロかかります。18歳未満または70歳以上の方は無料です。

ETIASの有効期限は3年間、またはパスポートの有効期限まで(いずれか早い方)で、180日間のうち90日以内の滞在に使用することができます。

簡単に言うと、答えは「いいえ」です。ETIASは、現在EU市民ではないがビザを必要としない個人にとって必要となります。米国やカナダなどの国からの渡航者がこれにあたります。誰にETIASが必要かについて、詳しくは次のリンクをご覧ください。https://etias.jp/etiasとは何ですか?/etiasが必要なのは誰ですか?

いいえ、その場合ETIASは必要ありません。ただし、EUへの渡航にはシェンゲンビザが必要です。

英国市民、英国海外領土市民(BOTC)、英国海外市民(BOC)、英国被保護者(BPP)、英国民(BS)の方はETIASが必要となります。

いいえ、欧州に出入国するには、EUまたはETIAS加盟国のパスポートを使用してください。EU加盟国のパスポートを使用して旅行する場合、ETIASは必要ありません。

いいえ、EU加盟国に居住カードまたは在留資格をお持ちの場合は、ETIASを申請する必要はありませんが、在留資格の証明書と有効なパスポートを使用して旅行する必要があります。

はい、年齢に関係なく、すべての渡航者は、欧州連合(EU)に旅行するために別途承認されたETIASが必要です。ただし、18歳未満または70歳以上の個人は、7ユーロの手数料の支払いを免除されます。

はい、まだETIASを申請し、有罪判決を受けた経緯について話し合うことは可能です。ETIASの申請が拒否された場合は、ETIASの申請を拒否する決定を下した加盟国に異議申し立てを行うことができます。

承認されたETIASでのご旅行に関するご質問

いいえ、ETIASはシェンゲン協定加盟国およびETIASプログラムに参加している国でのみ利用可能です。ETIAS加盟国については、以下のサイトをご覧ください。https://etias.jp/etias加盟国/

はい、ただし、欧州連合(EU)加盟国の国境警備官による追加のセキュリティチェックが行われる場合があります。ETIASは、短期間のビジネスや観光訪問のためにEU内の移動の自由を認めていますが、ETIASは旅行認可であるため、欧州の国境当局によっていつでも取り消される可能性があります。

団体客(ツアー客など)をバスで陸路輸送する国際輸送会社を使用してETIAS加盟国に入国する場合は、ETIASが必要です。ただし、この要件がEU当局によって施行されるのは、ETIASが導入されてから3年後です。

自家用車などの車両で国境を越えてシェンゲン協定加盟国に入国する場合、ETIASは必要ありません。

いいえ、シェンゲン圏またはETIAS加盟国に鉄道で入国する場合、ETIASは必要ありません。