ETIASとブレグジット

英国市民は、EUへの渡航にETIASが必要となります。2023

ブレグジット後に英国市民がEU加盟国を訪問する際はETIASが必要ですか?

英国は現在「第三国」とみなされており、ETIASが2023年に開始されるまで、渡航認証なしでEUに渡航することができます。英国人渡航者に対するETIASの要件は、2019年にEUによって確認されました。

ブレグジット後またはETIASの導入前に、英国市民にシェンゲンビザが必要になる可能性はありますか?

いいえ、英国市民は、2023年のシステム導入後にETIASが必要となります。ETIAS.JPは、EUへの渡航を計画する際に渡航者が考慮すべきETIAS ビザとシェンゲンビザの違いに関する分析を提供しています。

英国市民にETIASビザまたはシェンゲンビザが必要かどうかはなぜ重要なのですか?

ETIASでは、申請1件あたり7ユーロの料金が提案されていますが、現在60ユーロかかるシェンゲンビザの申請と比べるとかなり低額となります。シェンゲンビザは、渡航予定の国の領事館で申請者が直接申請書を提出する必要があります。ETIASは、 2023年からオンラインで取得可能なオンライン渡航認証です。また、ETIASは渡航者により多くの柔軟性を提供します。シェンゲンビザは、180日間のうち最大90日間有効です。一方、承認されたETIASは、3年間またはパスポートの有効期限(いずれか早い方)まで有効で、180日間のうち最大90日間の滞在に使用できます。

他のEU加盟国のパスポートをすでに持っていますが、ETIASが必要ですか?

EU加盟国のパスポートをお持ちの場合は、該当するETIASまたはEU加盟国のパスポートで渡航する限り、ETIASは必要ありません。

私はEU加盟国に居住していますが、ETIASの要件では、ETIASが必要であると記載されています。私は居住者なのでETIASが必要ないということでしょうか?

いいえ、ETIASが必須の国のパスポートをお持ちの方は、EU加盟国での2023在留資格に関係なく、ETIASが必要です。ただし、他のEU加盟国のパスポートまたは市民権をお持ちの場合は、承認されたETIASは必要ありません。

犯罪歴、伝染病、その他入国許可に影響を与える可能性のある履歴がある場合はどうなりますか?

EUは、ETIASの申請が却下または不適格となる正確な条件や、犯罪歴、その他の不適格要因をまだ正式には定めていません。犯罪歴、病状、またはEUに対する安全保障上のリスクとみなされるその他の個人的な経歴により、英国市民のETIAS申請が拒否された場合、申請者はETIAS申請を拒否したEU加盟国に異議を申し立てることができます。EUは、ETIASの異議申し立てが却下された申請者のための別の手続きや、代替となる渡航認証をまだ指定していません。

ETIASの詳細はどこで確認できますか?

  1. ETIASに関するよくあるご質問(FAQ)
  2. ETIASの要件
  3. ETIAS加盟国
  4. ETIASが必要なのは誰ですか?