ETIASとシェンゲンビザの違い

概要

2023年に導入される予定の欧州渡航情報認証制度(ETIAS)については、現在も一部で混乱が続いています。渡航者は、欧州全域へ渡航するためにETIASとシェンゲンビザのどちらが必要なのか困惑しています。ETIASは、現在ビザなしで欧州に渡航できる渡航者向けの新しい電子渡航認証です。一方、シェンゲンビザは、現在ビザなしでEU諸国に渡航できない渡航者が欧州に渡航する際に必要となるビザです。この記事では、ETIASとシェンゲンビザの違いについてご説明します。

ETIASの概要

新しい欧州渡航情報認証システムは、現在そうした渡航にビザを必要としない国から欧州やシェンゲン圏への渡航する際の安全を強化することを目的として、2016年に最初に提案されました。欧州連合(EU)には加盟していないものの、市民がビザなしで欧州に自由に出入りできる国は、アルバニアからベネズエラまで現在62カ国あります。つまり、現在これらの国の市民は、欧州へ渡航するために有効なパスポートのみが必要で、こうした渡航者に関する経歴情報は最小限しかないか、または存在しません。

ETIASでは、欧州への渡航を申請するために、渡航者はオンラインで詳細なフォームに記入し、犯罪歴や世界の紛争地域への訪問歴などの個人情報を提供する必要があります。ETIASの申請は、承認される前にインターポールやユーロポールを含む多数のデータベースを通じて審査されます。申請が承認されると、ETIASは申請者のパスポートに電子的に添付され、5年間またはパスポートの有効期限まで有効です。

シェンゲンビザ

シェンゲン圏はしばしば欧州連合と混同されますが、両者の間には大きな違いがあります。シェンゲン圏には26の国があり、その多くは欧州連合(EU)の加盟国でもあります。ただし、次の5つの例外があります。

  • アイルランド共和国
  • キプロス
  • クロアチア
  • ブルガリア
  • ルーマニア

これらの5カ国は欧州連合(EU)加盟国ですが、シェンゲン協定には加盟していません。ブルガリアとルーマニアは現在加盟申請中です。

逆に、以下の国はシェンゲン協定には加盟していますが、欧州連合(EU)には加盟していません。

  • アイスランド
  • ノルウェー
  • スイス
  • リヒテンシュタイン

シェンゲン協定加盟の市民と欧州連合加盟国の市民は、両者を通じて移動の自由を享受することができ、欧州を旅行する際にETIASもシェンゲンビザも必要ありません。

ETIASとシェンゲンビザの違い

現在、欧州への渡航にいかなる種類のビザも必要としない62カ国の市民は、2023年にETIASが導入されると渡航認証が必要となります。この認証は、ETIASまたはシェンゲンビザのいずれかの形で行われます。ETIASとシェンゲンビザは、どちらか片方のみが必要となります。

つまり、ETIASを取得した欧州への渡航者は、シェンゲンビザを取得する必要はありません。ETIASの対象ではない、またはETIASを保有していない渡航者は、シェンゲンビザを保有している必要があります。

ETIASシェンゲンビザの主な違い

ETIASは、渡航者のパスポートにリンクされた電子システムです。これにより、欧州連合(EU)内に入国して旅行することができますが、パスポート保有者がEU市民でない場合は、必ずしもシェンゲン協定加盟国への入国や旅行を許可するものではありません。

シェンゲンビザはパスポートに手作業で追加され、これにより、26カ国の加盟国内を旅行することができます。しかし、欧州全土への渡航を許可するETIASとは異なり、シェンゲンビザは申請された国に固有のものであり、他のシェンゲン協定加盟国では必ずしも有効ではありません。シェンゲン協定加盟国を2カ国以上訪問する場合は、一番長く滞在する国の大使館でビザを申請する必要があります。シェンゲンビザにより、入国初日から6ヶ月間、最大90日間滞在することができます。

ETIASまたはシェンゲンビザの申請

ETIASの申請書はオンラインで記入します。所要時間は約20分です。このフォームには、基本的な個人情報だけでなく、世界の中で訪問したことのある紛争地帯や、犯罪歴に関する詳細も記入する必要があります。欧州で最初に渡航する国も指定する必要があります。提供された情報を多数のデータベースで徹底的にチェックした後、通常は数分以内に合否が分かりますが、手作業でのチェックには数週間かかる場合があります。現在料金は7ユーロに設定されており、申請時に支払う必要があります。

一方、シェンゲンビザの申請は、最初に渡航する国の大使館または領事館で直接行う必要があります。このプロセスは自動化されていないため、ビザが発行されるまでに6週間以上かかることがあります。シェンゲンビザを申請する際のその他の要件は次のとおりです。

  • パスポートには、出入国スタンプ用の空白ページが2ページ以上必要です。
  • パスポートはビザの有効期限後3ヶ月間有効でなければなりません。

長期滞在許可証を申請する場合、パスポートはビザの有効期限が切れるまで有効でなければなりません。

さらなる混乱

さらに分かりにくいことに、ETIASとシェンゲンビザの間にはもう一つの違いがあります。1つの電子的形式でのみ存在するETIASとは異なり、シェンゲンビザにはさまざまな条件や制限付きのバリエーションがあります。

カテゴリーAの保有者は、シェンゲン協定加盟国の空港で乗り継ぎはできますが、その国に滞在したり、空港から出たりすることはできません。

カテゴリーCはシェンゲン協定加盟国に滞在するための短期ビザで、さらに以下のサブカテゴリーがあります。

  • 1回入国ビザの保有者は所定の期間内に1回だけシェンゲン協定加盟国に入国することができ、保有者が出国すると失効します。
  • 2回入国ビザの保有者はシェンゲン協定加盟国に2回出入国することができ、2回目の出国時に失効します。
  • 複数回入国ビザの保有者は、180日間のうち最大90日間、シェンゲン協定加盟国に複数回出入国することができます。

英国市民はETIASとシェンゲンビザのどちらが必要でしょうか?

EUやシェンゲン協定加盟国以外の市民で、現在欧州への渡航にビザが必要ない方は、ETIASの発効後、適切な書類が必要となります。英国市民は、欧州への渡航や欧州内での移動のために、承認されたETIAS認証が必要となります。