ETIASが必要なのは誰ですか?

誰がETIAS認証を取得する必要があるかを知って驚かれるかもしれません。2023年に予定されているETIASの導入により、現在ビザなしで渡航可能な62カ国のうち59カ国のパスポート保有者は、観光、ビジネス、またはトランジットのため、任意の180日間のうち90日間欧州に滞在する場合、ETIAS免除が必要となります。以下の中からお住まいの国をクリックして、ETIASが必要かどうか、および詳細についてご確認ください。

ⓘ ウェブサイトで共有する

ETIASとシェンゲンビザの違い

ETIAS認証を取得する必要がある国もあれば、シェンゲン協定加盟国26カ国に入国して渡航するためにシェンゲンビザが必要な国もあります。両者の違いは何でしょうか?

ETIAS シェンゲンビザ
現在ビザなしでEU圏に入国できる国に適用されます。 ETIASの資格がない国はシェンゲンビザを申請する必要があります。
電子渡航認証システム。 パスポートに手作業で添付されたビザ。
180日間中最大90日間、EU域内への入国と旅行が許可されます。 シェンゲン圏内の特定の国に対して最大90日間発行されます。
3年間有効です。 取得したシェンゲンビザの種類に応じて、1回の入国、2回の入国、または複数回の入国が可能です。