ETIASとは何ですか?

概要

ETIASは、欧州渡航情報認証制度の略です。2016年11月に欧州委員会によって発表され、2018年9月に法制化されました。この制度を構築する意図は、現在ビザなしでシェンゲン地域に渡航できる渡航者のデータを取得することで、シェンゲン圏内のEU加盟国の安全保障を向上させることでした。

ETIASでは、シェンゲンビザを必要としない渡航者のみを事前に審査します。この審査は、テロまたは移民関連のリスクに関連するものです。その目的は、シェンゲン圏への渡航前に安全保障上の脅威となる人物を特定することです。

ETIASはビザではなく、米国のESTAやカナダのeTAに似たビザ免除です。現在ビザなしで欧州の加盟国に渡航できる渡航者は、2023年以降ETIASが必要となります。EU単一市場のパスポート保有者はETIASから免除されます。

ETIASの目標

利便性 – 渡航者の国境での待ち時間を短縮し、EU加盟国への入国を合理化します。

国境での効率性 – EU加盟国への出入国時に渡航者を審査する警備員の国境管理を改善します。

透明性 – シェンゲンビザを必要とせずに、より多くの国の市民がEUに入国できるようにするビザ自由化政策の目標達成に向けてEUを支援します。

入国管理 – 国境当局が不正な移動やビザなしでのEU渡航の乱用を発見できるようにします。

セキュリティ – EU加盟国が犯罪やテロに対する国境警備プロセスや手順を強化するのを支援します。

資金調達 – EU予算の追加収入源を提供するだけでなく、ビジネスや、観光、乗り継ぎ目的の渡航者のビザなしでの渡航を管理するための追加収入源を提供します。

ETIASの理論的根拠

現在、米国やカナダなどの国から欧州への渡航を希望する多くの人は、渡航前にビザを申請する必要はありません。28の加盟国の欧州連合(EU)の規則を定める機関である欧州委員会は、これらの市民(米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど)が欧州に到着する前に、申請ポータルを通じてオンラインで自身に関する情報や旅行手配の理由を提供する必要がある制度を考案しました。これらの国の完全なリストについては、こちらのページをご覧ください。

EU委員会が新しい渡航前認証制度を提案したのは、欧州への渡航者数や渡航理由の変化に対応するためです。この制度により、潜在的な犯罪者やテロリストを抑止するとともに、欧州への渡航を希望するすべての人々を監視し、欧州の住民により高いレベルのセキュリティを提供することが期待されています。

  1. ETIAS導入の背景には、主に4つの理由があります。
  2. 欧州への渡航者は増加しており、昨年の個人渡航者数は約5,000万人、入国者数は2億人を上回りました。
  3. 迫害、戦争、経済的利益など、さまざまな理由で難民や庇護を求める人々が、ここ数年で急激に増加しています。
  4. テロ事件はより頻繁になり、欧州の市民にも不安と動揺を与えています。最近影響を受けた国は、フランス、ベルギー、ドイツ、スペインです。
  5. 電子通信技術が進歩し、世界中の渡航者がインターネットを使用するようになったため、電子式の渡航前認証は、欧州の集団的な国境当局や治安担当者にとって有用な情報を得るための現実的かつ実用的な方法となりました。

欧州のシェンゲン圏には、3つの異なる国のカテゴリー(グループ)があります。シェンゲン協定加盟国は基本的に欧州連合(EU)加盟国と同じですが、シェンゲン協定に加盟していてもEUに加盟していない国や、その逆の国もあります。欧州人以外にとっては少し分かりにくいですが、基本的にシェンゲン協定加盟国は、お互いの国の市民に統一された入国審査ルールと移動の自由を与えています。

3つのグループのうち最初のグループは、EUとシェンゲン協定加盟国の市民です。これらの人々はお互いの国を自由に訪問し、生活し、働くことができるため、制限はありません。

2番目のグループは、欧州以外の多くの国の市民です。彼らは欧州を訪れるのにビザは必要ありませんが、特に一度に3ヶ月以上の留学や就労、居住を希望する場合は滞在期間や活動内容に制約があります。ETIASの取り決めによって影響を受けるのはこのグループです。アメリカ人や、カナダ人、オーストラリア人、日本人、マレーシア人、その他多くの人々がこのグループに属しています。ETIASビザ免除が必要となる可能性が高いのはこのグループです。

3番目のグループは、欧州への渡航前にビザが必要な非欧州諸国の市民です。このグループの多くは、より貧しい第三世界の国々や、文化的、経済的にEUとのつながりがあまり強くない国々の人々です。

他の電子認証システムとの類似点

他のいくつかの国では、オンラインで申請し、渡航前に発行される電子認証システムをすでに導入しています。

オーストラリアは、1996年に独自のeVisitorおよび電子渡航認証(eTA)を導入しました。これは主に、オーストラリアへの渡航を希望する多くの観光客のビザ処理を迅速化するためでした。

米国は2007年に、一部のパスポート保有者を対象に自動電子渡航認証制度(ESTA)を導入しました。これは、米国の安全保障に対するリスクが比較的低いと見なされる国の市民を対象としたビザ免除制度です。

カナダは、eTAと呼ばれる米国と同様のシステムを最も最近導入した国です。

ETIASの申請

ETIASは、ビザなしでEU加盟国に渡航する渡航者のみを対象としています。申請手続きは、約10分以内に完了することを目指しています。ETIASの申請を処理するウェブサイトは、モバイルおよびデスクトップ機器に対応する予定です。要求される情報の種類は次のとおりです。

  • 生体認証データや氏名、生年月日、性別などの個人データ
  • 申請者の自宅住所やメールアドレスなどの連絡先
  • 初等教育、中等教育、職業教育、大学、学歴なしなどの教育歴
  • パスポートやその他の書類などの渡航書類情報(書類番号、発行日、有効期限、国などのデータを含む)
  • 現在の職業(役職や連絡先など)
  • 最初に入国予定のEU加盟国
  • 過去の犯罪歴、薬物使用、紛争地域への渡航歴、EUおよびEU圏外への入国歴に関する問。

第三者が申請者に代わって申請することもできますが、その場合は申請書の提出時に開示する必要があります。また、第三者は必要に応じて、氏名や、会社情報、連絡先、申請者との関係も提供する必要があります。ETIAS申請書の詳細は、こちらをご覧ください。https://etias.jp/記事/etias申請書には何が記載されますか?

支払い

18歳から70歳までの渡航者のETIAS申請料金は7ユーロです。18歳未満または70歳以上の渡航者の申請料金は無料となります。すべての渡航者は、年齢に関係なく、シェンゲン協定加盟国に到着する前にETIAS認証が必要となります。

処理

ETIASの申請は、次の3つの要素に基づいて自動的に処理されます。

  • 身分証明書 – 申請者の身分証明書がパスポートと一致しているか
  • 渡航書類 – 渡航書類の詳細が、他のセクションで申請者から提供された情報と一致しているかETIAS対象国が発行した有効な渡航書類であるか
  • 背景に関する質問 – 回答は、ETIAS中央ユニットがチェックし、データベースに保存されているデータと一致しているか

申請者の身元や、旅券、背景に関する質問は、ETIAS中央ユニット独自の審査規則やウォッチリストに加え、シェンゲン情報システム(SIS)、ビザ情報システム(VIS)、ユーロポールのデータ、インターポールの盗難および紛失旅券データベース(SLTD)、インターポールのおよび通知に関連する渡航書類データベース(TDAWN)、ユーロダックなどに照らして確認されます。自動処理システムの照合により、申請者に安全保障上のリスクや移動リスクの可能性があると判断された場合、ETIAS申請は手動で処理されます。手動処理は、必要に応じてETIAS中央ユニットおよびETIAS国内ユニットによって実行されます。申請者からの追加情報が必要な場合は、ETIASに追加処理が必要であるという通知を受けてから数日以内に申請者に連絡が届きます。ETIASシステムは、申請書提出から96時間以内に、すべての申請者に「承認」、「拒否」、または「手作業による処理」というETIASステータスを通知します。

申請者への通知

ETIASの承認

ほとんどのETIAS申請者は、承認されるとすぐに、または数時間以内に通知を受け取ることができます。有効なETIAS渡航認証は、申請者のパスポートにリンクされており、独自の申請番号があります。ETIASは、3年間またはパスポートや渡航書類の有効期限のいずれか早い方まで有効です。

手作業によるETIASの処理

申請者のデータがEUのデータベースのいずれかに一致した場合、申請は手作業で処理されます。申請者は、申請を処理するための追加書類を提出するように、ETIAS中央ユニットまたはETIAS国内チームから連絡を受ける場合があります。さらに、書類だけでは申請を処理するのに十分でない場合、申請者は最寄りのEU加盟国領事館で面接を受けられる可能性もあります。

ETIASの拒否

ETIASの申請を拒否された申請者には、拒否の理由が通知されます。これには、結果を決定した特定のEU加盟国に関する情報が含まれます。

ETIASの申請を拒否された申請者は、異議申し立てを行うことができます。異議申し立ては、ETIASを拒否したEU加盟国に提出する必要があります。異議申し立ての手続きも、この同じEU加盟国で行われます。

空港でのETIAS

空路、陸路、海路でシェンゲン協定加盟国に入国する渡航者は、有効な渡航認証を提示する必要があります。EUの国境当局は、出入国システム(EES)によるチェックで渡航者のパスポートや、ビザ、ETIASを確認し、入国を許可するかどうかを判断します。EU加盟国のパスポートや、有効なETIASまたは有効なシェンゲンビザを保有していない渡航者は入国を許可されません。

ETIASの失効と取り消し

承認されたETIASは、EU加盟国への入国を保証するものではありません。入国可否はEUの国境職員によって判断されます。さらに、承認されたETIASは、渡航者が詐欺または虚偽を使用して取得したとみなされた場合、取り消される場合があります。また、渡航者が入国を拒否されたり、渡航書類の紛失や盗難の報告を受けてEUのセキュリティデータベースに新しい警告が発せられた場合、ETIASの申請は取り消されます。各加盟国は、警告が渡航者の認証と一致する場合、関連するETIAS国内ユニットを通じて、承認されたETIAS認証を取り消す責任を負います。

同様に、ETIAS申請者が最近有罪判決を受けた場合や、テロ活動を行った場合、紛争地域へ渡航した場合など、ETIAS申請者の資格に関する状況が変化した場合、ETIASは無効になることがあります。パスポートの有効期限が切れた場合や渡航者の氏名が変更された場合も、ETIASは無効となります。

ETIASの構造

ETIASシステムの構造は7つのコアコンポーネントで構成されており、それぞれに独自のシステムとチームがあり、ETIAS申請の処理や、システムおよび関連プロセスの管理を容易にします。

ETIAS中央ユニット

ETIAS中央ユニットは、欧州国境沿岸警備機関の管理下にあります。現在の申請データの記録を管理し、その正確性を保証します。また、渡航者の審査に使用されるデータベースのいずれかに照合することで、申請書の検証を行います。ETIAS審査委員会とともに、ETIAS審査規則とそのリスクの定義、評価、テスト、見直しを担当します。申請者のプライバシーとデータ保護に配慮したETIAS申請管理およびETIAS審査規則の遵守に関する監査を実施する責任があります。

ETIAS国内ユニット

各EU加盟国は、ETIAS国内ユニットの一員となります。ETIAS国内ユニットは、ETIAS中央ユニットがETIAS申請を自動的に処理できない場合に、申請の審査と決定を行います。ETIAS国内ユニットは、申請を承認または拒否する理由を提供する必要があります。また、ETIAS国内ユニットは、各国内ユニットを通じて加盟国間で意見を提供し、情報を共有することができます。

欧州刑事警察機構(ユーロポール)

ユーロポールは、EU加盟国間の組織犯罪やテロに対処するためのEU法執行機関です。ユーロポールは、ETIAS国内ユニットと協力して、ETIASウォッチリストを管理する責任を負っています。ETIAS申請者のデータが自動処理の段階でユーロポールのデータと一致する場合、ETIAS国内ユニットは、申請の承認、拒否、または申請者からの追加書類が必要かどうかの判断を支援します。

自由、安全、正義の分野における大規模ITシステムの運用管理のための欧州連合機関(eu-LISA)

eu-LISAは、EUの大規模なITシステムを運用する機関です。eu-LISTAはETIASの技術設計や、開発、管理を担当しています。また、この組織は、ETIASのデジタル情報システムを通じて提出されたすべての応募者データのプライバシーとセキュリティを維持する責任を負います。

ETIAS審査委員会

ETIAS審査委員会は、ETIAS国内ユニット、欧州国境沿岸警備機関、ユーロポールの代表者から構成されます。ETIAS審査委員会は、ETIASウォッチリストを管理するためのリスク指標と、リスク指標の定義、評価、改訂に使用される基準の管理を決定します。

欧州国境沿岸警備機関

欧州国境沿岸警備機関は、各加盟国の国境当局の助けを借りて、シェンゲン圏の国境管理に責任を負うEU機関です。欧州国境沿岸警備機関がETIAS中央ユニットを管理します。欧州国境沿岸警備機関は、eu-LISAと並んで、ETIASの主要な監督者です。

ETIAS基本権指導委員会

欧州国境沿岸警備機関、欧州データ保護監督官、および基本権機関のメンバーは、申請が効率的、公正、安全に処理されることを保証する目的で、独立した諮問委員会を形成しています。その後、諮問委員会の勧告はETIAS審査委員会に伝えられ、将来のETIAS改定時に実施される可能性があります。