"EUの安全保障" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

欧州の国が、EUを離脱した後にETIASを導入することはあるでしょうか?

英国のEU離脱国民投票以来、他の国々でもEUに留まるかどうか国民投票が行われるかもしれないと言われています。イタリア、オランダ、スペイン、そしてフランスでも、政治家がEUからの離脱を煽りました。しかし、英国がまEUの一員だった時も、シェンゲン協定には参加していませんでした。このため、渡航者は入国管理で有効なパスポートを提示しない限り、自由に英国に出入国することはできませんでした。イタリアやスペインなどのシェンゲン協定加盟国がEU離脱を決定した場合、シェンゲン圏関連規則の施行はどうなるでしょうか?これらの国々もETIASを導入しないことになるのでしょうか?これらの質問に答えるためには、まずシェンゲン協定自体について検討する必要があります。 シェンゲン協定とは何ですか? シェンゲン協定は、1985年に調印され、シェンゲン圏の設立につながった条約です。シェンゲン協定の目的は、共通の国境検問所における国内での国境検査を削減または廃止し、人や物の移動の自由度を高めることでした。現在、シェンゲン協定には欧州の26カ国が加盟しています。シェンゲン協定は、欧州連合加盟国のみが加盟できるわけではありません。例えば、スイスはシェンゲン協定には加盟していますが、欧州連合には加盟していません。しかし、現在、シェンゲン協定はEU加盟の条件となっているため、新しいEU加盟国はシェンゲン協定の規則を遵守する必要があります。これは、EU立法機関の過半数の投票によって変更される可能性があります。 シェンゲン協定加盟国がEUを離脱した場合は、どうなる可能性がありますか? 既存のシェンゲン協定加盟国が国民投票などの方法でEU離脱を決定した場合、その国がシェンゲン協定の規則を施行するかどうかは、離脱する加盟国が解決すべき別個の問題となります。離脱する加盟国がシェンゲン圏内に留まることを希望した場合は、そのための一環として、既存のシェンゲン規則を尊重するとともに、ETIASを導入することが求められると思われます。離脱する国がシェンゲン協定によらず国境警備を行うことを決定した場合は、国境管理を再導入または再構築し、自ら国境警備を管理する必要があります。 離脱するEU加盟国がシェンゲン協定加盟国に留まることを検討するのはなぜですか? 国境管理の実施には、国境の規模や種類、国境警備のための人員や技術に応じて、数十億ドルとは言わないまでも、数億ドルの費用がかかる可能性があります。国境での人や物の移動のほとんどは商業にとって重要であり、国内に居住する人々に安全保障上の脅威をもたらすことはありません。EUから離脱する国は、国境で追加の管理を行うことの利点と、自国の国境を完全に管理することに伴う高いコストを比較検討する必要があります。シェンゲン圏に留まることの利点の1つは、ETIASの導入により、安全度の低いEU渡航者の登録や、渡航許可の承認・拒否、移動の追跡を行うための電子渡航認証が提供されることです。また、ETIASはシェンゲン協定加盟国に追加の収入源を提供します。しかし、EU加盟国のみがシェンゲン規則の改定について投票できるため、非EUシェンゲン協定加盟国は、シェンゲン規則を変更する権限が(あったとしても)それほどないと思われます。

ETIASと進行中のテロとの戦い

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、欧州連合(EU) およびシェンゲン協定加盟国への渡航者を事前に審査するためのプロセスです。2022年後半に初めて導入される予定ですが、2023年からEUにもシェンゲン協定にも加盟していない国(「第三国」)の市民にとって必須要件となります。それ以降、ブレグジット後の英国市民を含むすべての第三国の市民は、目的や期間を問わず、欧州への渡航前にETIAS認証を取得する必要があります。 ETIASの主な目標は、欧州全体のセキュリティを強化しながら、意図した訪問者を比較的簡単かつ迅速に審査できるようにすることです。これは、