"ETIAS" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

欧州の国が、EUを離脱した後にETIASを導入することはあるでしょうか?

英国のEU離脱国民投票以来、他の国々でもEUに留まるかどうか国民投票が行われるかもしれないと言われています。イタリア、オランダ、スペイン、そしてフランスでも、政治家がEUからの離脱を煽りました。しかし、英国がまEUの一員だった時も、シェンゲン協定には参加していませんでした。このため、渡航者は入国管理で有効なパスポートを提示しない限り、自由に英国に出入国することはできませんでした。イタリアやスペインなどのシェンゲン協定加盟国がEU離脱を決定した場合、シェンゲン圏関連規則の施行はどうなるでしょうか?これらの国々もETIASを導入しないことになるのでしょうか?これらの質問に答えるためには、まずシェンゲン協定自体について検討する必要があります。 シェンゲン協定とは何ですか? シェンゲン協定は、1985年に調印され、シェンゲン圏の設立につながった条約です。シェンゲン協定の目的は、共通の国境検問所における国内での国境検査を削減または廃止し、人や物の移動の自由度を高めることでした。現在、シェンゲン協定には欧州の26カ国が加盟しています。シェンゲン協定は、欧州連合加盟国のみが加盟できるわけではありません。例えば、スイスはシェンゲン協定には加盟していますが、欧州連合には加盟していません。しかし、現在、シェンゲン協定はEU加盟の条件となっているため、新しいEU加盟国はシェンゲン協定の規則を遵守する必要があります。これは、EU立法機関の過半数の投票によって変更される可能性があります。 シェンゲン協定加盟国がEUを離脱した場合は、どうなる可能性がありますか? 既存のシェンゲン協定加盟国が国民投票などの方法でEU離脱を決定した場合、その国がシェンゲン協定の規則を施行するかどうかは、離脱する加盟国が解決すべき別個の問題となります。離脱する加盟国がシェンゲン圏内に留まることを希望した場合は、そのための一環として、既存のシェンゲン規則を尊重するとともに、ETIASを導入することが求められると思われます。離脱する国がシェンゲン協定によらず国境警備を行うことを決定した場合は、国境管理を再導入または再構築し、自ら国境警備を管理する必要があります。 離脱するEU加盟国がシェンゲン協定加盟国に留まることを検討するのはなぜですか? 国境管理の実施には、国境の規模や種類、国境警備のための人員や技術に応じて、数十億ドルとは言わないまでも、数億ドルの費用がかかる可能性があります。国境での人や物の移動のほとんどは商業にとって重要であり、国内に居住する人々に安全保障上の脅威をもたらすことはありません。EUから離脱する国は、国境で追加の管理を行うことの利点と、自国の国境を完全に管理することに伴う高いコストを比較検討する必要があります。シェンゲン圏に留まることの利点の1つは、ETIASの導入により、安全度の低いEU渡航者の登録や、渡航許可の承認・拒否、移動の追跡を行うための電子渡航認証が提供されることです。また、ETIASはシェンゲン協定加盟国に追加の収入源を提供します。しかし、EU加盟国のみがシェンゲン規則の改定について投票できるため、非EUシェンゲン協定加盟国は、シェンゲン規則を変更する権限が(あったとしても)それほどないと思われます。

EUのETIASを支えるインフラシステム

概要 2016年9月14日、欧州委員会は欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を提案しました。ETIASは、ビザなしで欧州に渡航可能なすべての渡航者から情報を収集できるよう設計されています。この主な目的は、個人がシェンゲン圏に渡航する前に、安全上の懸念を確認することです。ETIASは、EUの対外国境をより安全かつ効率的に管理できるようにするとともに、国内の治安を改善し、EU市民の安全を確保するものです。 ETIASの主な目標は、犯罪者やテロリストを地域から排除し、EU市民の安全を守ることにあるようです。渡航認証制度が目指している改善点がいくつかあります。ETIASは、空港で従来のセキュリティチェックを受ける必要がないため、渡航者の時間や手間を省くことができると考えられています。国境到着前に渡航者を特定することで、国境管理の改善に役立ちます。ETIASは渡航者を事前に特定できるため、不規則な移動も防ぐことができます。渡航認証制度は、すでに実施されているビザ自由化政策に加え、それを補完するものです。最も重要なのは、ETIASは、EUにとって脅威となりうる人物を特定することにより、犯罪やテロとの戦いを支援するために導入されるということです。ETIASは、ビザの必要がない非EU市民のみを対象としていることにご注意ください。 EU市民の安全を最大限確保するため、ETIAS制度はいくつかの異なるステップで構成される予定です。

デジタル国境警備の時代

少し前までは、人々が渡航制限や市民権に基づく追加審査を受けることなく、国から国へと旅行できた時代がありました。テロ攻撃が懸念される現在、世界中の国境警備当局は、安全保障上の脅威となりうる外国人の渡航が始めから許可されないように、効果的な方法を模索しています。 国境でのパスポートや身分証明書の偽造対策に有効な、虹彩や指紋スキャナーなどの生体認証技術が数多くありますが、個人が飛行機や船舶に搭乗すらできないようにする、多くの有望なデジタル技術も存在しています。 ここでは、国境警備の強化に向けてデジタル国境を構築する上で、デジタル技術が大きな役割を果たしている例をいくつかご紹介します。 オンライン渡航認証…

ESTAとETIASの違いは何ですか?

現在、多くの国の人々が欧州やシェンゲン圏へビザなしで渡航することができます。しかし、ETIASの導入により、これまでビザなしで渡航できた人々は、まもなく欧州への渡航前にETIAS認証の取得が必要となります。 ETIASは欧州渡航情報認証制度の略で、渡航希望者がEUおよびシェンゲン協定加盟国に犯罪、テロ、または健康上のリスクをもたらすかどうかを判断し、欧州の安全保障を強化するために導入されるものです。新しい渡航認証システムは2022年半ばに開始され、最初の6ヶ月間は試行期間となる予定です。この間、ETIAS認証は必須ではありませんが、2023年初頭から義務付けられる予定です。 欧州のETIASと同様に、

ETIASでの特別なパスポートや渡航書類の使用

現在ビザなしで欧州へ渡航できる国の市民は、2023年以降、欧州への渡航前にETIASを申請し、認証を取得することが義務付けられます。欧州連合(EU)は現在、ビザなしで渡航が可能なEUおよびシェンゲン圏外の約60カ国のリストを管理しています。これらの国は現在「第三国」とみなされており、2023年以降、これらの国の市民は、目的や期間を問わず欧州へ渡航する際にETIASが必要となります。 新しい

ETIASの申請料金とは何ですか?

欧州連合は2022年後半から新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を開始し、これは欧州連合やシェンゲン圏以外の国の市民やパスポート保有者に影響を与えることになります。ETIASが「第三国」(EUまたはシェンゲン協定に加盟していない国)の市民に義務付けられるのはさらに6ヶ月後になると推定されており、ブレグジット後の

欧州の航空および船舶旅行におけるETIAS検査

2022年末には新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)が導入されますが、これは欧州以外のパスポート保有者が今後欧州連合やシェンゲン協定加盟国へ渡航する際に必要となる手続きに影響を与えます。2023年半ばにETIASが義務化されると、通常のパスポートだけでは空港や海上ターミナルに到着できず、ETIAS認証がない限り受け入れられなくなります。ETIASはパスポートに電子的にリンクされており、EUおよびシェンゲン圏の国境管理ポイントや、欧州域内への渡航経路である陸、空、海の輸送会社でスキャンすることができます。 また、

EUブルーカードとは何ですか?

2009年に欧州理事会によって初めて導入されたEUブルーカードは、欧州以外の市民に欧州連合に居住し就労する権利を与えるものです。ブルーカードは、通常、通常の労働者ではなく専門家にのみ付与され、その主な目的は、より資格のある外国人を欧州に招き、働いてもらうことです。 当初、誰がこの制度を利用できるかについては非常に厳しい規則が適用されていましたが、2021年に改訂されたブルーカード指令に伴い、これらの基準は多少緩和され、高資格者や経験豊富な労働者が欧州に移住しやすくなりました。 ブルーカードと就労ビザのどちらが必要でしょうか? 欧州での居住と就労を希望するすべての非EU市民または外国人が、高度資格または熟練労働者であるとは限らず、ブルーカードを取得する資格がない場合もあります。個人の資格や、関連する経験、スキルセット(およびそれらに需要があるかどうか)によっては、労働者がブルーカードを取得する資格を得られない場合があります。このような場合、就労希望者はDタイプの労働許可証が必要となります。これらの許可証は、デンマークとアイルランド共和国を除くすべてのEU加盟国で取得可能です。 ブルーカードは、各EU加盟国に付与される枚数に制限があり、その国の専門的なニーズのギャップを埋めることができる熟練した人材にのみ与えられるため、取得は容易ではありません。ETIAS(欧州渡航情報認証制度)が2022年後半に施行される予定ですが、その導入はEU各国が独自に実施しているブルーカード政策に影響を与えるず、有効なETIASを保有していても、欧州で専門職に就く資格があることを保証するものではありません。 専門家のみ応募可能 差別的に思えるかもしれませんが、ブルーカードの対象となるのは、高資格、高学歴、専門職の人々だけです。EUに居住し、働くことを希望する非EU市民は、優れた教育水準や、優れた資格、目的地の国で需要があるスキルを持っている必要があります。これは、ブルーカードの前提が、その国の既存の知識レベルを高め、人材の海外流出による空白を埋めることができる、熟練した人材を引き付けることにあるためです。 経験の浅い若いブルーカード申請者には、認定される学歴について問題が生じます。一般的に、欧州連合(EU)での居住や就労を希望する非EU市民は、ブルーカードを取得するために、少なくとも3年間の大学での研究または同様の実務経験が必要です。 ブルーカードの申請手続き ブルーカードの申請書は、渡航先の国の関係当局に送付する必要があります。料金がかかる国とかからない国がありますが、どの申請書も同様の一般的な形式となります。申請者は以下を行う必要があります。 契約書など、6ヶ月間の雇用が保証されていることを証明するものを提出する。 雇用主が申請者に平均全国最低賃金の1.5倍以上の報酬を支払うことを示す。 必要な資格を確認できる書類を提出する。 必要に応じて、ETIAS認証またはビザを含む有効な渡航書類を提出する。 適切な健康保険に加入していることの証明を提出する。 必要な書類や、学歴・経験を証明するものを提供しないと、申請が拒否される可能性があります。同様に、ETIASまたはビザを所持していない申請者は、安全保障または健康上のリスクとみなされ、これらの理由によりブルーカードの発行を拒否される可能性があります。 有効期間と使用 EUブルーカードの有効期間は1年から4年ですが、各国が独自の制限を設定しているため、発行国によって異なります。スペインではブルーカードの有効期間はわずか12ヶ月ですが、フランスとドイツでは4年間有効です。一旦付与されると、ブルーカード保有者とその近親者は、許可された期間、発行国に居住することができますが、カード保有者のみが働くことができます。

ETIASが欧州の学生に与える影響

ETIAS以前は、第三国の学生はEUまたはシェンゲン協定加盟国のいずれかで教育を進める権利があり、特別な書類は必要ありませんでした。このシンプルな仕組みは2022年末に変更され、(商用、観光、留学を問わず)欧州への第三国からの渡航者は、