"ETIASの通知" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

ETIASの申請後、結果はどのように通知されますか?

ETIASからの通知 オンラインでETIAS申請書に記入し、送信すると、数分以内に受理通知が届きます。これは、すべての申請の約95%に当てはまりますが、申請が承認されたか、拒否されたか、または追加の情報が必要かにかかわらず、申請者は96時間以内に通知されます。申請書の状態に応じて、次のいずれかのシナリオが当てはまります。 ETIAS申請承認 承認されると、申請者はETIAS当局から以下の情報と注意事項が記載された電子メールを受け取ります。 渡航認証が承認されたことの明確な通知 ETIAS申請番号の記録 ETIAS渡航認証の開始日と有効期限 保有者は申請書に記載された渡航書類(通常はパスポート)を提示しなければならないという明確な注意事項。申請書に記載された渡航書類を変更または更新するには、新しいETIAS申請書を提出する必要があります ETIAS加盟国への入国に適用される要件や、180日間のうち最大90日間に滞在が制限されているという注意事項 ETIASの承認は必須であるものの、どの国へも自動で入国できることを保証するものではなく、欧州連合(EU)の国境で補足書類が必要となる可能性があるという注意事項 該当する場合、保有者が渡航許可を得ているETIAS加盟国の詳細 渡航先での滞在に関するすべての要件を遵守する必要があるという注意事項 この通知には、ETIASウェブサイトへの安全なリンクが含まれており、欧州連合加盟国への出入国日や、滞在の残り期間、欧州の国境当局を満足させるための承認状況を即座に確認することができます。 また、ETIAS中央ユニットのコンピュータに保存されたデータのセキュリティに関して、ETIAS保有者が問題や疑問を抱いた場合のために、さまざまな責任機関の連絡先が提供されます。これには以下が含まれます。 欧州のデータ保護監督者 欧州国境沿岸警備機関(Frontex)のデータ保護責任者 渡航認証がETIAS中央ユニット(ほとんどの場合)またはETIAS国内ユニットのどちらによって発行されたかに応じて、電子メールには以下の連絡先も記載されます。 最初の渡航予定国の国家監督当局、または 渡航認証を行ったETIAS加盟国 ETIAS申請が拒否された場合 ETIASの申請が拒否された場合は、返送された通知に、その旨が拒否の理由とともに明記されます。拒否通知に記載される情報の多くは、以下の点を除き、ETIASの承認通知に含まれる情報と同じです。 申請が拒否された理由に関する明確な記述 申請を拒否したETIAS国内ユニットとその住所 異議申し立てを行う権利や、その期限に関する情報 異議申し立ての方法に関する説明 拒否は最終的なものではなく、単に新しい申請書に記入すればよい場合もあります。過去に拒否されたことは申請者の不利にはならず、新しい申請は他の新しい申請と同様にETIASの審査を受けることになります。申請書に記入する際に単純なミスがあると、ETIAS中央ユニットで即座に処理されず、手作業で処理される場合があります。そのような場合、申請は直ちに拒否される可能性もありますが、申請が提出された国の国内ユニットが申請者に個人的に通知し、説明を求めた上で受理または拒否の判断をする可能性の方が高いでしょう。 ETIASの失効または取り消し ETIAS加盟国のいずれかに入国するには、ETIAS認証が必須となりますが、入国を許可する権利は訪問先の国の国境当局にあります。国境警備担当者は、ETIASが事前に承認された後でも、さまざまな理由で訪問者の渡航認証を取り消すか、無効にする権限を有しています。以下はその一例です。 保有者が安全保障上または犯罪上のリスクをもたらすと判断される場合 ETIASを不正に取得したことが疑われる場合 申請書に記載されたデータが変更された場合 ETIASデータベース内の警告が渡航者の詳細と一致する場合 渡航者の名前がETIASウォッチリストに記載されている場合 パスポートまたはその他渡航書類の盗難が報告されている場合 国境警備担当者は、ETIAS中央ユニットのデータベースに即座にアクセスし、渡航者のETIASやその他の文書が適切かどうかを確認し、照会の結果に満足できない場合はアクセスを拒否するか、ETIASを取り消す、または無効にすることができます。承認や拒否の場合と同様に、渡航許可が失効または取り消された場合、ETIASは保有者に通知し、異議申し立てに必要な詳細を提供します。