"ETIASの申請" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

EUのETIASを支えるインフラシステム

概要 2016年9月14日、欧州委員会は欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を提案しました。ETIASは、ビザなしで欧州に渡航可能なすべての渡航者から情報を収集できるよう設計されています。この主な目的は、個人がシェンゲン圏に渡航する前に、安全上の懸念を確認することです。ETIASは、EUの対外国境をより安全かつ効率的に管理できるようにするとともに、国内の治安を改善し、EU市民の安全を確保するものです。 ETIASの主な目標は、犯罪者やテロリストを地域から排除し、EU市民の安全を守ることにあるようです。渡航認証制度が目指している改善点がいくつかあります。ETIASは、空港で従来のセキュリティチェックを受ける必要がないため、渡航者の時間や手間を省くことができると考えられています。国境到着前に渡航者を特定することで、国境管理の改善に役立ちます。ETIASは渡航者を事前に特定できるため、不規則な移動も防ぐことができます。渡航認証制度は、すでに実施されているビザ自由化政策に加え、それを補完するものです。最も重要なのは、ETIASは、EUにとって脅威となりうる人物を特定することにより、犯罪やテロとの戦いを支援するために導入されるということです。ETIASは、ビザの必要がない非EU市民のみを対象としていることにご注意ください。 EU市民の安全を最大限確保するため、ETIAS制度はいくつかの異なるステップで構成される予定です。

ETIAS申請書には何が記載されますか?

概要 ETIAS制度は、ビジネスや観光での短期の渡航を念頭に置いて設計されています。第三国のパスポート保有者が生活や、勉強、就労の目的で長期間(90日以上)滞在することを希望する場合は、異なる形式の欧州ビザが必要です。米国のESTA制度と同様に、ETIASは欧州連合(EU)全体のセキュリティを強化するために導入されています。渡航希望者の経歴情報は、潜在的なセキュリティ、テロ、または犯罪リスクについて、欧州および世界のさまざまなデータベースと照合されます。現在約60カ国の「第三国」があり、その市民は2023年から欧州連合加盟国へ渡航するためにETIAS取得済みのパスポートが必要となります。また、ブレグジットの実施により、英国もリストに追加されています。 ETIAS申請書 ETIAS承認申請書はオンラインでのみ記入可能なため、提出と承認のために有効な電子メールアドレスが必要となります。この手続きでは、アンケートに必要事項を記入して提出することで、承認または拒否の結果が得られます。申請書に記入する前に、すべての申請者は以下を保有している必要があります。 有効なメールアドレス 現在有効なパスポート デビットカードまたはクレジットカード 現在の申請書草案(まだ変更される可能性があります)では、以下の情報や詳細が必要とされています。 ETIASの申請手順 ETIAS申請ウェブサイトは、2023年までご利用いただけません。ETIASが導入されると、申請者はオンラインフォームのすべての項目に記入する必要があり、記入された情報はさまざまなセキュリティデータベースと照合されます。必要な情報は次のとおりです。 個人情報 氏名、姓、通常の名前、与えられた名前、既婚または変更した場合は出生時の姓(旧姓)を含むフルネーム。その他の名前または通称。 自宅の住所。自宅の住所がない場合は、居住都市と国を記入する必要があります。 連絡先電話番号。 有効な電子メールアドレス。 生年月日、出生地、国。 (現在の)国籍。 その他の国籍(該当する場合)。 申請者の両親のファーストネーム。 教育歴(小学校から高等教育まで)の有無。 性別。 職業。役職や、職務内容、雇用主の詳細に関する追加情報が必要となる場合があります。学生は学校や大学の詳細を記入する必要があります。 書類と旅行計画 ETIAS申請が承認されるには、渡航先のETIAS導入国への到着日から少なくとも3ヶ月間有効なパスポートまたは渡航書類を申請者が所持していなければなりません。必要な詳細は次のとおりです。 パスポートまたは渡航書類の番号、種類、および発行国 渡航書類またはパスポートの発行日および有効期限 (最初に)渡航する加盟国の名前に加え、申請者が最初の夜を過ごすホテルまたは宿泊施設の住所(が必要となる場合もあります) 目的地の国や宿泊施設の住所が必ずしも明確でない場合があります。この要件は、特定の休暇または出張のためにETIASの承認を初めて申請する人を対象としています。その後の渡航については、ETIAS当局に通知する必要はありません。 セキュリティチェック 新しい欧州渡航情報認証制度は、特に欧州におけるセキュリティの強化を目的としているため、犯罪歴やセキュリティ上のリスクに関する項目は、完全かつ正直に記入する必要があります。申請書はすべて、申請国や、インターポール、ユーロポールを含む多数の警察およびセキュリティデータベースを通じて審査されます。この質問に完全かつ正しく回答しなかった場合は、直ちに拒否されます。このセキュリティバックグラウンドチェックの対象となる領域は次のとおりです。 過去10年間の犯罪歴(以下を含む) 子どもに対する性犯罪 人身売買 麻薬密売 強姦 殺人 資金洗浄 人または財産に対する刑事上の損害 テロ(過去20年間)。いつ、どの国で犯罪を犯したかに関する詳細を記入する必要があります。 セキュリティバックグラウンドチェックの一環として、申請者は以下の詳細も提供する必要があります。 欧州の加盟国や、現在、欧州ゾーンに入るためにビザを必要とする「第三国」からの国外退去命令。 過去10年間の特定戦争地域または紛争地域での滞在または訪問とその目的。 犯罪歴や、国外退去命令、特定の紛争地域への訪問歴のある申請者は、あらかじめ決められた回答の中から選択することで、さらにいくつかの質問に答える必要があります。 ヘルスチェック また、申請時には簡単なメディカルチェックとヘルスチェックが行われます。申請者は、以下を含む既存の病状に関する詳細を提供する必要があります。 感染症 伝染性寄生虫症 重篤な疾病 リストに掲載され、拒否される可能性のある病状の数はまだ未定ですが、導入時期が近づくにつれて増加することが予想されます。 未成年者 未成年者のETIAS申請書は、基本的には成人の申請書と同じもので、親または保護者が記入することができます。必要な追加情報は次のとおりです。 親または法定後見人の氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号 申請者との関係(息子、娘など) 最終チェック 申請者は、申請書全体の完全性や、正確性、真正性を確認する責任があります。不正確なデータや情報を入力すると申請が拒否されます。また、申請者はETIAS導入国への入国条件を理解し、目的地の国への到着時に必要な補足書類を提供することに同意する必要があります。これらには、医療記録や、ホテルの予約予約、旅行計画、フライトの詳細、その他の関連書類が含まれます。 フォームの送信 申請書は、必要事項をすべて記入した後、申請者本人がオンラインで提出するか、認可された商業仲介業者が提出することができます。実際の申請料金は未定ですが、7ユーロとなることは現在ほぼ確実と思われ、クレジットカードまたはデビットカードによる支払いが必要となります。 フォームに記載されている申請者の電子メールアドレスは、確認や拒否の通知に使用され、数時間で結果が出ると予想されます。申請書の記入内容に問題や、誤り、記入漏れがあった場合も、同じ電子メールアドレスを使用して申請者に通知されます。ETIASの承認が下りると、3年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方まで有効となります。承認の有効期限後は、もう一度申請手続きを行う必要があります(もう一度料金を支払う必要があります)。 結論 ETIAS申請書を提出するには、必要な書類と時間、そして各項目の質問事項を理解することが必要です。ご自身でETIASの申請ができない場合は、ご友人や、ご家族、またはその他の第三者が代理で申請することができます。渡航者は、

ETIASのデータ保持ポリシーはどのようなものになりますか?

概要 インターネットのセキュリティや、個人情報やデータが盗まれて悪用される可能性は、現在のホットな話題の1つです。多くの場合、どのオンラインフォームやアンケートでも記入者の個人データが必要となりますが、その中には病歴や財務詳細などの機密情報が含まれる可能性があります。自宅の住所や、電子メールアドレス、生年月日など、一見無害なものでも、インターネットハッカーによって掘り起こされ、犯罪目的に使用される可能性があります。個人データが悪意ある人物の手に渡ると、詐欺や、個人情報の盗難、違法な送金に使用される可能性があるため、このデータを安全に保存することは非常に重要です。 2023年のETIAS導入に伴い、EU加盟国にビザなしで渡航できた個人にとって、欧州発着の渡航の手配が変化することになります。ETIASの利用を希望する渡航者は、オンラインフォームでデータを提出する必要があります。当然ながら、これは、申請者の個人情報が欧州のデータベースに保存され、インターネット上に保存されたすべての情報に付随する固有のリスクの対象となることを意味します。この記事では、どのような情報が保存されるのか、誰がアクセスできるのか、またETIAS申請のために申請者のデータが保存される期間についての情報を提供します。 データへのアクセス ETIAS認証を取得するためのオンライン申請書では、申請者の個人情報だけでなく、仕事や、旅行計画、健康、犯罪歴に関する情報(該当する場合)を提供する必要があります。約95%の申請が自動的に承認されることが予想され、申請が拒否された場合は異議申し立てを行うことができます。こうした異議申し立ては、この制度に参加している国々のETIAS国内ユニットによって処理されます。申請者が「第三国」の市民(欧州連合以外の国の市民)の場合、詳細は24時間年中無休で運営されるETIAS中央ユニットに直接送信されます。これら2つの機関は、情報の収集と評価を行い、申請を承認するかどうかの決定を行う責任を負います。 ETIAS国内ユニット。これらのユニットは、拒否された申請を処理し、手作業で申請者のリスク評価を行い、決定を承認または取り消す責任を負います。また、国内ユニットは異議申し立てプロセスに関する情報を提供します。 ETIAS中央ユニット。中央ユニットは、申請者が提出したすべての情報やデータの保管と整理を行うセンターです。中央ユニットは欧州国境沿岸警備機関によって管理および運営され、その機能は次のとおりです。 記録・保存されるデータが最新かつ正確であることを確認する 申請者の身元や申請書に提供された情報を確認する 特定のリスクやセキュリティに関する問題や指標を評価し、改訂する プライバシーや、基本的権利、データ保護に関するアプリケーションの管理を監視する データの共有 申請者の情報が検証され、中央ユニットに保存されると、さまざまなセキュリティ機関がアクセスし、それぞれのデータベースと照合できるようになります。以下はその一例です。 ビザ情報システム(VIS) シェンゲン情報システム(SIS) 出入国システム(EES) ユーロダック ユーロポール インターポール 欧州のさまざまな法執行機関がETIAS中央ユニットのデータベースへのアクセスを要求できますが、これは厳密に定義された条件下でのみ許可されます。これには、テロリストまたはその他の重大な犯罪の捜査や、摘発、防止が含まれます。

ETIASの失効や取り消しは可能ですか?

概要 ETIAS渡航認証を申請し、付与された場合は、その使用に関する規則や規制を遵守する必要があります。承認されたETIASを保有していても、最終決定は常に渡航先の国境当局に委ねられるため、保有者は自動的にETIAS加盟国内を自由できるわけではありません。渡航者は、さまざまな理由でETIASが拒否されたり、失効や取り消しになる可能性があります。 ETIASの拒否 有効なETIASを持って、ある国の国境検問所、特に欧州連合(EU)の対外国境に到着するだけでは不十分な場合があります。国境当局は、以下の場合に入国を拒否する絶対的な権利を有しています。 保有者が申請書に記載された有効なパスポートまたはその他の渡航書類を確認目的で提出しない場合 パスポートの紛失または盗難が報告されている場合 ETIASが滞在予定期間中に期限切れとなる場合 パスポート保有者の名前が最新のETIASウォッチリストに記載されている場合 また、国境当局は、渡航者の名前がウォッチリストに記載されているかどうかにかかわらず、犯罪的や安全保障上のリスクをもたらすと信じる根拠がある場合は、自国への入国を拒否する権限を有します。 ETIASの取り消し ETIAS申請書に含まれるすべての情報は、真実で、最新で、検証可能である必要があります。連絡先電話番号や、過去の犯罪歴、健康状態について虚偽の情違法を提出した場合、提出された申請書の大部分に自動的に承認を与える中央ユニットのチェックシステムではすぐに発見されない場合があります。しかし、やがて虚偽の情報や矛盾が発見された場合は、ETIASが取り消された旨が保有者に通知されます。ETIAS認証が取り消される一般的な理由は次のとおりです。 渡航認証が、虚偽の個人情報の提供、犯罪や医療に関する詳細の省略など、不正な手段で取得された場合。 ETIASの規約が遵守されなくなった場合。例えば、住所、連絡先、職業、その他の情報が変更されたが、ETIAS国内ユニットまたは中央ユニットに通知されていない場合などです。 ETIASデータベースに、ある国への入国拒否や、ETIAS加盟国での滞在日数超過に関する新たな警告が存在する場合。 ETIASセキュリティデータベースでパスポートの紛失または盗難が報告されているが、関連するETIAS当局に通知されていない場合。 ETIASの取り消しに関する通知が直ちに保有者に送付され、保有者はその決定に対して自動的に異議申し立てを行う権利を有します。通知には、ETIASが取り消された理由が明記され、異議申し立ての詳しい方法や、その手続きに関するガイドが含まれています。 ETIASの失効 ETIASは、拒否と同様の理由で失効する可能性がありますが、これは、承認後に申請に関する情報が発見された場合にのみ起こります。記載された情報が不正確、誤解を招く、または欺瞞的であると判断された場合は、保有者に失効の旨が通知されます。 拒否される場合と同様に、ETIAS申請が失効となる理由は次のとおりです。 ETIASの承認のために規定された条件が、受諾時に遵守されていなかった場合。これは、申請者による真正なミスによるものである可能性がありますが、通常は、異議申し立て手続きによって明らかになるまで、ETIASは失効となります。 ETIAS保有者に関する新しい情報が明らかになり、その情報の性質上、申請書に記載されたデータが無効になる場合。この情報は、潜在的なセキュリティや刑事問題、さらには医療問題に関連する可能性があります。 保有者には失効の旨が通知され、異議申し立て方法に関する詳細が提供されますが、失効の正当な理由に関する記録は、元の申請ファイルとともにETIAS中央ユニットのデータベースに保存されます。 ETIASに関する問題を回避するには ETIASが失効した場合や取り消された場合は、異議申し立てを行うことができますが、時間と手間はなるべくかけずに済ませたいものです。これは、次の方法で実現できます。 申請が正直かつ正確に記入されていることを確認する ETIASが滞在期間中有効であることを確認する 常に有効なパスポートまたはその他の適切な渡航書類を携帯する ETIAS加盟国で許可された期間を超えて滞在しない ETIASは、入国希望者を入国前に審査することで、欧州域内の安全性を高めるために実施されています。ETIAS加盟国に確実に入国するには、ETIASの承認と有効な渡航書類だけで十分なはずですが、最終的な判断を下すのは国境警備隊であり、ある国で受け入れられるものが別の国では十分ではない場合があります。正しい書類や、渡航、宿泊施設、渡航計画の詳細は、(必須ではありませんが)用意しておく価値があり、渡航先へのスムーズな入国を保証します。

ETIASのモバイルアプリはありますか?

欧州への渡航希望者を事前に認証する新しい制度、欧州渡航情報認証制度(ETIAS) は、2022年に運用開始される予定です。通常は領事館で直接行わなければならないビザの申請とは異なり、ETIASの申請書はオンラインで記入し、現在7ユーロと予想される申請料とともに提出する必要があります。 申請者は、コンピュータやインターネットを使用でき、オンラインで料金を支払うことができる必要があります。しかし、多くの人々は現在、デスクトップやノートパソコンではなくモバイルデバイスを使用しており、携帯電話やタブレットでインターネットを使用し、検索を行っています。そうした人々にとって、オンラインでの申請は問題となる可能性がありますが、まもなく登場するETIASのモバイルアプリで解決できるでしょう。 ETIASは2022年に開始、ただし義務化は2023年から

ETIASと進行中のテロとの戦い

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、欧州連合(EU) およびシェンゲン協定加盟国への渡航者を事前に審査するためのプロセスです。2022年後半に初めて導入される予定ですが、2023年からEUにもシェンゲン協定にも加盟していない国(「第三国」)の市民にとって必須要件となります。それ以降、ブレグジット後の英国市民を含むすべての第三国の市民は、目的や期間を問わず、欧州への渡航前にETIAS認証を取得する必要があります。 ETIASの主な目標は、欧州全体のセキュリティを強化しながら、意図した訪問者を比較的簡単かつ迅速に審査できるようにすることです。これは、

ETIASでの特別なパスポートや渡航書類の使用

現在ビザなしで欧州へ渡航できる国の市民は、2023年以降、欧州への渡航前にETIASを申請し、認証を取得することが義務付けられます。欧州連合(EU)は現在、ビザなしで渡航が可能なEUおよびシェンゲン圏外の約60カ国のリストを管理しています。これらの国は現在「第三国」とみなされており、2023年以降、これらの国の市民は、目的や期間を問わず欧州へ渡航する際にETIASが必要となります。 新しい

航空会社はETIASをどのように使用しますか?

国際航空会社とETIAS 統計によると、2015年に欧州各国やシェンゲン協定加盟国への不法入国が約200万件あり、その後も増加していると予想されています。このため、欧州連合(EU)は、現行のセキュリティチェックを逃れて欧州に入国する不法滞在者の増加に対処するため、2つの電子監視システムを導入します。現在ビザなしでアクセスできる欧州への渡航者は、2023年以降、ETIAS(欧州渡航情報認証制度)の認証を取得する必要があり、欧州のすべての出入国は出入国システム(EES)のデジタルデータベースに記録されます。2つのシステムの違いは次のとおりです。 ETIASには乗客の渡航前審査が組み込まれており、「第三国」の市民がETIAS加盟国に入国し、ETIAS加盟国内で旅行するには承認が必要です EESはパスポートの押印に代わるもので、渡航者が短期滞在(180日間のうち90日間)の1回入国または複数回入国を何度利用したかを確認し、過去に超過滞在したことのある渡航者を特定するものです このETIASとEESという2つのシステムにより、安全保障や、犯罪、健康上のリスクをもたらす渡航者の数を劇的に減らし、渡航者がどこにどれくらいの期間滞在したかについて最新の記録を得られることが期待されています。この新しい措置により、国境当局は自国への渡航者に関するより多くの情報を得ることができますが、新しい計画の実施を任される航空、海上、陸上輸送業者にとっては問題となる可能性があります。 ボートや飛行機とETIAS 2023年以降にETIAS認証が必要となる「第三国」の市民の大半は、空路で欧州に到着します。現在、航空会社は、渡航先の国境当局に搭乗者のリストを提供することだけが求められています。このAPI(事前旅客情報)は、犯罪やテロにつながる可能性がないか、治安当局や法執行機関によってチェックされます。特に警告がない限り、航空会社は乗客の経歴に関する情報を持たず、航空券とパスポートが有効で正常な状態かどうかのみを確認することができます。ETIASとEESの導入により、航空会社は旅客のETIAS認証とEESの状態も確認する責任を負います。 乗客の情報と詳細は、ETIAS中央ユニットのデータベースやEESの記録とオンラインで照合され、瞬時に渡航の許可または拒否が行われることが予想されます。しかし、これは特にETIAS開始当初には必ずしも当てはまらないかもしれません。出発空港の出発制御システム(DCS)に提供されるETIAS/EESの詳細は、iAPIまたはインタラクティブ事前旅客情報と呼ばれる新しいプロトコルを介して処理する必要があります。このプロトコルはまだ開発の初期段階にあり、多くの空港にはまだこのシステムに接続する機能がありません。iAPIシステムが稼働し、コンピュータのバグが解消されれば、航空会社の職員はチェックイン時に即座に受け入れの可否を判断できるようになるはずです。 バスで 長距離バスや国境を越えるバスにETIASとEESを導入することは、国際法執行機関と国境警備機関にとって本当に頭痛の種です。ETIASの各国当局がこの問題に取り組んでおり、ETIASの導入から3年以内にバス事業者が独自のシステムを導入することが想定されていますが、乗客はさまざまな地点でツアーバスや長距離バスに乗り降りできるため、状況を監視することはほとんど不可能です。ドライバーとスタッフはETIASやEESの状態を確認する権利と乗客の詳細を確認する能力を有していますが、現時点では、バス事業者は乗客のETIASやEESの状態を確認する責任を負いません。 手続き これまでと同様に、渡航の際の責任は乗客にあります。ETIASの承認を受けた有効なパスポートは必須であり、旅程や宿泊施設に関する書類の携帯が必要な場合もあります。航空会社は、空港または出発港でETIASとEESのデータベースを通じてデータを確認することにより、パスポートとETIASを検証します。これは複合的な問い合わせであり、回答も両方の機関からの複合的な回答となります。回答は即座に得ることができ、渡航の許可または拒否のいずれかとなります。ただし、欧州への渡航には有効なETIASが必要ですが、最終決定は渡航先の国境警備に委ねられるため、入国を自動的に保証するものではありません。 輸送会社に対する罰則 航空会社は、各人のETIAS認証を確認せずに渡航者をシェンゲン協定加盟国に輸送すると、罰則の対象となります。航空会社がETIASの規則規制を遵守しているかどうかの監視を容易にするため、eu-LISAは2年間、航空会社の旅客チェック実施記録や輸送記録を保持します。航空会社が、ETIAS認証を取得していない渡航者を輸送し、後にEUへの入国を拒否されたことが判明した場合、航空会社は拒否された渡航者をEU域外に輸送する責任を負います。ただし、例えば、ETIASシステムが長期間メンテナンス中で、航空会社が出発前に渡航者のETIAS認証について確認できなかった場合は例外となります。

ETIASの有効性と有効期限

大幅に遅れていた欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入は2022年後半に行われ、2023年までにすべての「第三国」市民に義務付けられることが決定しています。「第三国」とは、欧州連合(EU)加盟国でもシェンゲン協定加盟国でもない国です。