"ETIASの処理" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

EUのETIASを支えるインフラシステム

概要 2016年9月14日、欧州委員会は欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を提案しました。ETIASは、ビザなしで欧州に渡航可能なすべての渡航者から情報を収集できるよう設計されています。この主な目的は、個人がシェンゲン圏に渡航する前に、安全上の懸念を確認することです。ETIASは、EUの対外国境をより安全かつ効率的に管理できるようにするとともに、国内の治安を改善し、EU市民の安全を確保するものです。 ETIASの主な目標は、犯罪者やテロリストを地域から排除し、EU市民の安全を守ることにあるようです。渡航認証制度が目指している改善点がいくつかあります。ETIASは、空港で従来のセキュリティチェックを受ける必要がないため、渡航者の時間や手間を省くことができると考えられています。国境到着前に渡航者を特定することで、国境管理の改善に役立ちます。ETIASは渡航者を事前に特定できるため、不規則な移動も防ぐことができます。渡航認証制度は、すでに実施されているビザ自由化政策に加え、それを補完するものです。最も重要なのは、ETIASは、EUにとって脅威となりうる人物を特定することにより、犯罪やテロとの戦いを支援するために導入されるということです。ETIASは、ビザの必要がない非EU市民のみを対象としていることにご注意ください。 EU市民の安全を最大限確保するため、ETIAS制度はいくつかの異なるステップで構成される予定です。

EESはETIASとどのように連携する予定ですか?

2022年から、EUは観光や、乗り継ぎ、ビジネス目的での渡航者に影響を与えるETIASおよびEESプログラムを実施します。現在ビザなしでEUを訪問できる渡航者は、ETIAS認証の取得が必要となります。欧州地域を通過する渡航者の移動は、EU出入国システムとしても知られるEESによって監視および記録されます。 ETIASの渡航前審査 欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、

ETIASを使用した旅行体験

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)は、欧州全体の安全保障を強化し、違法な越境行為を抑制することを明確な目的として、2022年後半に導入される予定です。ETIASが、現在のコロナ禍のような将来の健康危機を防止、または少なくとも抑制するのに役立つことが期待されています。これらはETIASの主な目的ですが、滞在期間や旅行の理由によらず、欧州連合および

ETIASの申請後、結果はどのように通知されますか?

ETIASからの通知 オンラインでETIAS申請書に記入し、送信すると、数分以内に受理通知が届きます。これは、すべての申請の約95%に当てはまりますが、申請が承認されたか、拒否されたか、または追加の情報が必要かにかかわらず、申請者は96時間以内に通知されます。申請書の状態に応じて、次のいずれかのシナリオが当てはまります。 ETIAS申請承認 承認されると、申請者はETIAS当局から以下の情報と注意事項が記載された電子メールを受け取ります。 渡航認証が承認されたことの明確な通知 ETIAS申請番号の記録 ETIAS渡航認証の開始日と有効期限 保有者は申請書に記載された渡航書類(通常はパスポート)を提示しなければならないという明確な注意事項。申請書に記載された渡航書類を変更または更新するには、新しいETIAS申請書を提出する必要があります ETIAS加盟国への入国に適用される要件や、180日間のうち最大90日間に滞在が制限されているという注意事項 ETIASの承認は必須であるものの、どの国へも自動で入国できることを保証するものではなく、欧州連合(EU)の国境で補足書類が必要となる可能性があるという注意事項 該当する場合、保有者が渡航許可を得ているETIAS加盟国の詳細 渡航先での滞在に関するすべての要件を遵守する必要があるという注意事項 この通知には、ETIASウェブサイトへの安全なリンクが含まれており、欧州連合加盟国への出入国日や、滞在の残り期間、欧州の国境当局を満足させるための承認状況を即座に確認することができます。 また、ETIAS中央ユニットのコンピュータに保存されたデータのセキュリティに関して、ETIAS保有者が問題や疑問を抱いた場合のために、さまざまな責任機関の連絡先が提供されます。これには以下が含まれます。 欧州のデータ保護監督者 欧州国境沿岸警備機関(Frontex)のデータ保護責任者 渡航認証がETIAS中央ユニット(ほとんどの場合)またはETIAS国内ユニットのどちらによって発行されたかに応じて、電子メールには以下の連絡先も記載されます。 最初の渡航予定国の国家監督当局、または 渡航認証を行ったETIAS加盟国 ETIAS申請が拒否された場合 ETIASの申請が拒否された場合は、返送された通知に、その旨が拒否の理由とともに明記されます。拒否通知に記載される情報の多くは、以下の点を除き、ETIASの承認通知に含まれる情報と同じです。 申請が拒否された理由に関する明確な記述 申請を拒否したETIAS国内ユニットとその住所 異議申し立てを行う権利や、その期限に関する情報 異議申し立ての方法に関する説明 拒否は最終的なものではなく、単に新しい申請書に記入すればよい場合もあります。過去に拒否されたことは申請者の不利にはならず、新しい申請は他の新しい申請と同様にETIASの審査を受けることになります。申請書に記入する際に単純なミスがあると、ETIAS中央ユニットで即座に処理されず、手作業で処理される場合があります。そのような場合、申請は直ちに拒否される可能性もありますが、申請が提出された国の国内ユニットが申請者に個人的に通知し、説明を求めた上で受理または拒否の判断をする可能性の方が高いでしょう。 ETIASの失効または取り消し ETIAS加盟国のいずれかに入国するには、ETIAS認証が必須となりますが、入国を許可する権利は訪問先の国の国境当局にあります。国境警備担当者は、ETIASが事前に承認された後でも、さまざまな理由で訪問者の渡航認証を取り消すか、無効にする権限を有しています。以下はその一例です。 保有者が安全保障上または犯罪上のリスクをもたらすと判断される場合 ETIASを不正に取得したことが疑われる場合 申請書に記載されたデータが変更された場合 ETIASデータベース内の警告が渡航者の詳細と一致する場合 渡航者の名前がETIASウォッチリストに記載されている場合 パスポートまたはその他渡航書類の盗難が報告されている場合 国境警備担当者は、ETIAS中央ユニットのデータベースに即座にアクセスし、渡航者のETIASやその他の文書が適切かどうかを確認し、照会の結果に満足できない場合はアクセスを拒否するか、ETIASを取り消す、または無効にすることができます。承認や拒否の場合と同様に、渡航許可が失効または取り消された場合、ETIASは保有者に通知し、異議申し立てに必要な詳細を提供します。

航空会社はETIASをどのように使用しますか?

国際航空会社とETIAS 統計によると、2015年に欧州各国やシェンゲン協定加盟国への不法入国が約200万件あり、その後も増加していると予想されています。このため、欧州連合(EU)は、現行のセキュリティチェックを逃れて欧州に入国する不法滞在者の増加に対処するため、2つの電子監視システムを導入します。現在ビザなしでアクセスできる欧州への渡航者は、2023年以降、ETIAS(欧州渡航情報認証制度)の認証を取得する必要があり、欧州のすべての出入国は出入国システム(EES)のデジタルデータベースに記録されます。2つのシステムの違いは次のとおりです。 ETIASには乗客の渡航前審査が組み込まれており、「第三国」の市民がETIAS加盟国に入国し、ETIAS加盟国内で旅行するには承認が必要です EESはパスポートの押印に代わるもので、渡航者が短期滞在(180日間のうち90日間)の1回入国または複数回入国を何度利用したかを確認し、過去に超過滞在したことのある渡航者を特定するものです このETIASとEESという2つのシステムにより、安全保障や、犯罪、健康上のリスクをもたらす渡航者の数を劇的に減らし、渡航者がどこにどれくらいの期間滞在したかについて最新の記録を得られることが期待されています。この新しい措置により、国境当局は自国への渡航者に関するより多くの情報を得ることができますが、新しい計画の実施を任される航空、海上、陸上輸送業者にとっては問題となる可能性があります。 ボートや飛行機とETIAS 2023年以降にETIAS認証が必要となる「第三国」の市民の大半は、空路で欧州に到着します。現在、航空会社は、渡航先の国境当局に搭乗者のリストを提供することだけが求められています。このAPI(事前旅客情報)は、犯罪やテロにつながる可能性がないか、治安当局や法執行機関によってチェックされます。特に警告がない限り、航空会社は乗客の経歴に関する情報を持たず、航空券とパスポートが有効で正常な状態かどうかのみを確認することができます。ETIASとEESの導入により、航空会社は旅客のETIAS認証とEESの状態も確認する責任を負います。 乗客の情報と詳細は、ETIAS中央ユニットのデータベースやEESの記録とオンラインで照合され、瞬時に渡航の許可または拒否が行われることが予想されます。しかし、これは特にETIAS開始当初には必ずしも当てはまらないかもしれません。出発空港の出発制御システム(DCS)に提供されるETIAS/EESの詳細は、iAPIまたはインタラクティブ事前旅客情報と呼ばれる新しいプロトコルを介して処理する必要があります。このプロトコルはまだ開発の初期段階にあり、多くの空港にはまだこのシステムに接続する機能がありません。iAPIシステムが稼働し、コンピュータのバグが解消されれば、航空会社の職員はチェックイン時に即座に受け入れの可否を判断できるようになるはずです。 バスで 長距離バスや国境を越えるバスにETIASとEESを導入することは、国際法執行機関と国境警備機関にとって本当に頭痛の種です。ETIASの各国当局がこの問題に取り組んでおり、ETIASの導入から3年以内にバス事業者が独自のシステムを導入することが想定されていますが、乗客はさまざまな地点でツアーバスや長距離バスに乗り降りできるため、状況を監視することはほとんど不可能です。ドライバーとスタッフはETIASやEESの状態を確認する権利と乗客の詳細を確認する能力を有していますが、現時点では、バス事業者は乗客のETIASやEESの状態を確認する責任を負いません。 手続き これまでと同様に、渡航の際の責任は乗客にあります。ETIASの承認を受けた有効なパスポートは必須であり、旅程や宿泊施設に関する書類の携帯が必要な場合もあります。航空会社は、空港または出発港でETIASとEESのデータベースを通じてデータを確認することにより、パスポートとETIASを検証します。これは複合的な問い合わせであり、回答も両方の機関からの複合的な回答となります。回答は即座に得ることができ、渡航の許可または拒否のいずれかとなります。ただし、欧州への渡航には有効なETIASが必要ですが、最終決定は渡航先の国境警備に委ねられるため、入国を自動的に保証するものではありません。 輸送会社に対する罰則 航空会社は、各人のETIAS認証を確認せずに渡航者をシェンゲン協定加盟国に輸送すると、罰則の対象となります。航空会社がETIASの規則規制を遵守しているかどうかの監視を容易にするため、eu-LISAは2年間、航空会社の旅客チェック実施記録や輸送記録を保持します。航空会社が、ETIAS認証を取得していない渡航者を輸送し、後にEUへの入国を拒否されたことが判明した場合、航空会社は拒否された渡航者をEU域外に輸送する責任を負います。ただし、例えば、ETIASシステムが長期間メンテナンス中で、航空会社が出発前に渡航者のETIAS認証について確認できなかった場合は例外となります。

国内ユニットがETIAS申請を処理する方法

欧州連合(EU)はまもなくETIASを導入する予定ですが、その内容や、対象者、申請方法、制度の仕組みについては、まだ分かりにくいものとなっています。ETIASとは、欧州渡航情報認証制度の略で、その名の通り、欧州またはシェンゲン協定加盟国に入国する渡航者の情報を収集し、その情報をもとに申請者の旅程を監視するだけでなく、犯罪や、テロ、健康などの理由で入国を拒否するかどうかの判断を行う方法でもあります。 ETIASは、2022年半ばに開始され、6ヶ月間の導入期間の間にシステムの不具合への対処や修正を行い、その後2023年初頭に義務化される予定です。ETIASが正式に導入されると、現在欧州へビザなしで渡航可能な

ETIASの申請料金とは何ですか?

欧州連合は2022年後半から新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を開始し、これは欧州連合やシェンゲン圏以外の国の市民やパスポート保有者に影響を与えることになります。ETIASが「第三国」(EUまたはシェンゲン協定に加盟していない国)の市民に義務付けられるのはさらに6ヶ月後になると推定されており、ブレグジット後の