"ETIASのフォーム" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

ETIAS申請書には何が記載されますか?

概要 ETIAS制度は、ビジネスや観光での短期の渡航を念頭に置いて設計されています。第三国のパスポート保有者が生活や、勉強、就労の目的で長期間(90日以上)滞在することを希望する場合は、異なる形式の欧州ビザが必要です。米国のESTA制度と同様に、ETIASは欧州連合(EU)全体のセキュリティを強化するために導入されています。渡航希望者の経歴情報は、潜在的なセキュリティ、テロ、または犯罪リスクについて、欧州および世界のさまざまなデータベースと照合されます。現在約60カ国の「第三国」があり、その市民は2023年から欧州連合加盟国へ渡航するためにETIAS取得済みのパスポートが必要となります。また、ブレグジットの実施により、英国もリストに追加されています。 ETIAS申請書 ETIAS承認申請書はオンラインでのみ記入可能なため、提出と承認のために有効な電子メールアドレスが必要となります。この手続きでは、アンケートに必要事項を記入して提出することで、承認または拒否の結果が得られます。申請書に記入する前に、すべての申請者は以下を保有している必要があります。 有効なメールアドレス 現在有効なパスポート デビットカードまたはクレジットカード 現在の申請書草案(まだ変更される可能性があります)では、以下の情報や詳細が必要とされています。 ETIASの申請手順 ETIAS申請ウェブサイトは、2023年までご利用いただけません。ETIASが導入されると、申請者はオンラインフォームのすべての項目に記入する必要があり、記入された情報はさまざまなセキュリティデータベースと照合されます。必要な情報は次のとおりです。 個人情報 氏名、姓、通常の名前、与えられた名前、既婚または変更した場合は出生時の姓(旧姓)を含むフルネーム。その他の名前または通称。 自宅の住所。自宅の住所がない場合は、居住都市と国を記入する必要があります。 連絡先電話番号。 有効な電子メールアドレス。 生年月日、出生地、国。 (現在の)国籍。 その他の国籍(該当する場合)。 申請者の両親のファーストネーム。 教育歴(小学校から高等教育まで)の有無。 性別。 職業。役職や、職務内容、雇用主の詳細に関する追加情報が必要となる場合があります。学生は学校や大学の詳細を記入する必要があります。 書類と旅行計画 ETIAS申請が承認されるには、渡航先のETIAS導入国への到着日から少なくとも3ヶ月間有効なパスポートまたは渡航書類を申請者が所持していなければなりません。必要な詳細は次のとおりです。 パスポートまたは渡航書類の番号、種類、および発行国 渡航書類またはパスポートの発行日および有効期限 (最初に)渡航する加盟国の名前に加え、申請者が最初の夜を過ごすホテルまたは宿泊施設の住所(が必要となる場合もあります) 目的地の国や宿泊施設の住所が必ずしも明確でない場合があります。この要件は、特定の休暇または出張のためにETIASの承認を初めて申請する人を対象としています。その後の渡航については、ETIAS当局に通知する必要はありません。 セキュリティチェック 新しい欧州渡航情報認証制度は、特に欧州におけるセキュリティの強化を目的としているため、犯罪歴やセキュリティ上のリスクに関する項目は、完全かつ正直に記入する必要があります。申請書はすべて、申請国や、インターポール、ユーロポールを含む多数の警察およびセキュリティデータベースを通じて審査されます。この質問に完全かつ正しく回答しなかった場合は、直ちに拒否されます。このセキュリティバックグラウンドチェックの対象となる領域は次のとおりです。 過去10年間の犯罪歴(以下を含む) 子どもに対する性犯罪 人身売買 麻薬密売 強姦 殺人 資金洗浄 人または財産に対する刑事上の損害 テロ(過去20年間)。いつ、どの国で犯罪を犯したかに関する詳細を記入する必要があります。 セキュリティバックグラウンドチェックの一環として、申請者は以下の詳細も提供する必要があります。 欧州の加盟国や、現在、欧州ゾーンに入るためにビザを必要とする「第三国」からの国外退去命令。 過去10年間の特定戦争地域または紛争地域での滞在または訪問とその目的。 犯罪歴や、国外退去命令、特定の紛争地域への訪問歴のある申請者は、あらかじめ決められた回答の中から選択することで、さらにいくつかの質問に答える必要があります。 ヘルスチェック また、申請時には簡単なメディカルチェックとヘルスチェックが行われます。申請者は、以下を含む既存の病状に関する詳細を提供する必要があります。 感染症 伝染性寄生虫症 重篤な疾病 リストに掲載され、拒否される可能性のある病状の数はまだ未定ですが、導入時期が近づくにつれて増加することが予想されます。 未成年者 未成年者のETIAS申請書は、基本的には成人の申請書と同じもので、親または保護者が記入することができます。必要な追加情報は次のとおりです。 親または法定後見人の氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号 申請者との関係(息子、娘など) 最終チェック 申請者は、申請書全体の完全性や、正確性、真正性を確認する責任があります。不正確なデータや情報を入力すると申請が拒否されます。また、申請者はETIAS導入国への入国条件を理解し、目的地の国への到着時に必要な補足書類を提供することに同意する必要があります。これらには、医療記録や、ホテルの予約予約、旅行計画、フライトの詳細、その他の関連書類が含まれます。 フォームの送信 申請書は、必要事項をすべて記入した後、申請者本人がオンラインで提出するか、認可された商業仲介業者が提出することができます。実際の申請料金は未定ですが、7ユーロとなることは現在ほぼ確実と思われ、クレジットカードまたはデビットカードによる支払いが必要となります。 フォームに記載されている申請者の電子メールアドレスは、確認や拒否の通知に使用され、数時間で結果が出ると予想されます。申請書の記入内容に問題や、誤り、記入漏れがあった場合も、同じ電子メールアドレスを使用して申請者に通知されます。ETIASの承認が下りると、3年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方まで有効となります。承認の有効期限後は、もう一度申請手続きを行う必要があります(もう一度料金を支払う必要があります)。 結論 ETIAS申請書を提出するには、必要な書類と時間、そして各項目の質問事項を理解することが必要です。ご自身でETIASの申請ができない場合は、ご友人や、ご家族、またはその他の第三者が代理で申請することができます。渡航者は、

ETIASが公衆衛生の保護にどのように役立つか

新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入の主な理由は、欧州全土の安全保障を強化することですが、この制度は欧州市民の健康と福祉を保護する役割も果たします。ETIASは基本的に、欧州域外のさまざまな国からの渡航者に関する背景情報を収集し、これらの人々が欧州に安全保障や健康上のリスクをもたらすかどうかを評価する審査プロセスです。申請者が安全保証や健康上のリスクとみなされた場合、ETIAS申請は拒否され、その人は欧州連合またはシェンゲン協定加盟国への渡航を許可されません。ETIASの安全面は引き続き重要ですが、近年の世界的なコロナ禍により、潜在的な健康リスクがより重視されており、

ETIASを使用した旅行体験

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)は、欧州全体の安全保障を強化し、違法な越境行為を抑制することを明確な目的として、2022年後半に導入される予定です。ETIASが、現在のコロナ禍のような将来の健康危機を防止、または少なくとも抑制するのに役立つことが期待されています。これらはETIASの主な目的ですが、滞在期間や旅行の理由によらず、欧州連合および