"ETIASのテクノロジー" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

EUのETIASを支えるインフラシステム

概要 2016年9月14日、欧州委員会は欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を提案しました。ETIASは、ビザなしで欧州に渡航可能なすべての渡航者から情報を収集できるよう設計されています。この主な目的は、個人がシェンゲン圏に渡航する前に、安全上の懸念を確認することです。ETIASは、EUの対外国境をより安全かつ効率的に管理できるようにするとともに、国内の治安を改善し、EU市民の安全を確保するものです。 ETIASの主な目標は、犯罪者やテロリストを地域から排除し、EU市民の安全を守ることにあるようです。渡航認証制度が目指している改善点がいくつかあります。ETIASは、空港で従来のセキュリティチェックを受ける必要がないため、渡航者の時間や手間を省くことができると考えられています。国境到着前に渡航者を特定することで、国境管理の改善に役立ちます。ETIASは渡航者を事前に特定できるため、不規則な移動も防ぐことができます。渡航認証制度は、すでに実施されているビザ自由化政策に加え、それを補完するものです。最も重要なのは、ETIASは、EUにとって脅威となりうる人物を特定することにより、犯罪やテロとの戦いを支援するために導入されるということです。ETIASは、ビザの必要がない非EU市民のみを対象としていることにご注意ください。 EU市民の安全を最大限確保するため、ETIAS制度はいくつかの異なるステップで構成される予定です。