"ETIASのスクリーニング" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

ETIASの審査規則はどのようなものになりますか?

ETIASの審査プロセス 欧州渡航情報認証制度は、定期的に変更や追加が行われており、現在も進行中です。この制度は、現在、現在、大欧州圏との間および圏内でビザなし渡航が可能な「第三国」市民(欧州連合外の市民)の審査プロセスとして設計されています。 既存の国境管理および法執行機関のデータベースにも、EU以外のパスポート保有者や欧州への入国にビザが必要な人々に関する詳細がいくつか含まれていますが、そうした渡航者に関する詳細な情報が明らかに不足しており、ETIASはこの重大な欠点に対処するための欧州独自の方法です。 欧州各国が煩雑で効果の低い独自のビザ制度を運用する代わりに、ETIASは、申請書に記載された情報をもとに、EU域外からの渡航者に関するデータを収集する予定です。この情報は、欧州国境沿岸警備機関(Frontex)が運営するETIAS中央ユニットに保存されます。保存されたデータは、ETIASの承認または拒否のために使用されます。申請書に記載された申請者の個人情報は、コンピュータアルゴリズムを使用して審査され、ほとんどの場合、自動的に承認されます。 ETIAS審査委員会 審査プロセスの正確なルールはまだ確定しておらず、ETIASの導入までの期間に詳細に議論され、微調整される予定です。この目的のために、ETIASの承認に必要な条件を定めた規則を作成する審査委員会が設置されます。 審査委員会は、各ETIAS国内ユニットおよびユーロポール(欧州連合法執行協力機関)の代表者で構成され、Frontexの権限下に置かれ、その代表者も含まれます。委員会は諮問機能を持ち、欧州に対するテロ、犯罪、健康上の脅威の可能性の評価や、現在作成中のETIASウォッチリストの実施について諮問を受ける予定です。 現在、ビザが免除されている欧州への渡航者は、国境管理当局による審査や質問の対象となっていますが、これらの当局が扱う情報はごくわずかです。すべての書類が整い、渡航者に関する安全保障上の警告が出ていなければ、入国を拒否する理由はなく、パスポート保有者が犯罪や、テロ、健康上のリスクをもたらすかどうかを知ることはできません。この状況はETIASの導入によって変化し、渡航許可が付与される前に、申請書のあらゆる詳細が審査・検証されるようになります。これにより、望ましくない人物が欧州域内に入る可能性や、域内を自由に移動する可能性を、排除はできないまでも大幅に低減できることが期待されます。 渡航者の審査に使用されるETIASのリスク要因 渡航者の審査に使用されるリスク要因は、以下のデータポイントに基づきます。 超過滞在や加盟国の国境での入国拒否が異常に多い渡航者に関する出入国システム(EES)のデータ。 安全保障や、不法入国、その他の健康関連のリスクによる入国拒否が多い渡航者に関するETIASのデータ。 入国拒否や超過滞在に関するETIASとEESのデータ間の相関関係。 超過滞在や、入国拒否、特定の渡航者グループによってもたらされるその他のリスクに関するEU加盟国のデータ。 影響を受ける国の健康関連リスクを特定するための、世界保健機関(WHO)または欧州疾病予防管理センター(ECDC)の疾病発生に関するデータおよびその他の疫学的情報。 ETIASが使用するその他のリスク要因には、申請者の年齢層や、性別、国籍、居住国または出生都市、教育水準、現在の雇用主または職業などがあります。ETIASは、個人の年齢や性別のみに基づくリスク要因を組み込まないよう努めます。さらに、外見や、言語、人種、肌の色、政治的または宗教的信念、障害、性的指向など、個人のアイデンティティに関する要因が、リスク要因の開発や評価に使用されることになります。 ETIASのリスク要因は、通常6ヶ月ごと、または必要に応じてそれ以下の間隔で、継続的に見直しや評価が行われます。 ETIASの審査アプローチ 審査委員会は、ETIASの承認要件や拒否理由に関する規則を現在策定・起草中ですが、米国や、カナダ、オーストラリアですでに運用されているものと同様のものになると思われます。 米国のESTAでは、申請者が氏名や、住所、生年月日、出生地、現在の雇用または研究の詳細など、広範な経歴情報を提供する必要があります。また、渡航希望者は、米国内での旅程と連絡先も提供する必要があります。 オーストラリアのETA(電子渡航認証)の申請者は、標準的な個人情報を提供する必要があり、合計12ヶ月以上の刑期がある犯罪歴がないことが条件となります。また、結核に感染していないことも条件となります。 カナダのeTA(電子渡航認証)申請手続きでは、個人データや、渡航先、連絡先が重視され、背景に関するさまざまな質問も含まれています。これらの質問は、申請者が引き起こす可能性のある犯罪、テロ、健康上のリスクや、入国管理上の懸念を評価するために行われます。 ETIASの審査規則は、ESTAモデル、ETA、eTAモデルに忠実に従うことが予想され、これには健康問題や、犯罪歴、テロ活動や組織とのつながり(の可能性)が含まれます。また、過去の入国拒否や国外退去命令の詳細も含まれることはほぼ確実です。 入国を保証するものではありません すべてのETIAS申請の約95%が自動的に承認されると推定されており、提供された情報が虚偽または不正確であるか、ETIASウォッチリストまたは中央ユニットのデータベースで申請者に関する警告が出ていない限り、これは事実です。ただし、有効なETIAS認証は必須ですが、これは自動的に欧州やシェンゲン協定加盟国への入国を保証するものではありません。入国を許可する決定は、最終的にはシェンゲン協定の規則の下で入国を拒否する権限を持つ国境警備サービスにかかっています。

ETIAS申請が拒否される理由は何ですか?

概要 いわゆる「第三国」の市民(ブレグジット後の英国人を含む)および現在欧州連合(EU)やシェンゲン協定加盟国へビザなしで渡航可能な国の市民は、まもなく欧州域内へ渡航するためにETIAS認証が必要となります。ETIASは、欧州渡航情報認証制度の略で、ビザではありませんが、申請時に求められる情報はビザの申請書と非常によく似ています。ただし、より詳細な情報が必要となります。オンライン申請では、個人情報や渡航先に関する情報を求められるほか、申請者の健康状態や、犯罪やテロ行為に関する前科に関する質問もあります。 ETIAS申請書は全項目に記入され、すべての情報が正確で最新かつ検証可能でなければなりません。申請書は、ETIAS中央ユニットのコンピュータによって入念に審査され、あらかじめ決められた一連の基準に従って承認または拒否されます。欧州への渡航のためのETIAS申請は、以下の要因で拒否される場合があります。 不完全な申請…

ETIASが公衆衛生の保護にどのように役立つか

新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入の主な理由は、欧州全土の安全保障を強化することですが、この制度は欧州市民の健康と福祉を保護する役割も果たします。ETIASは基本的に、欧州域外のさまざまな国からの渡航者に関する背景情報を収集し、これらの人々が欧州に安全保障や健康上のリスクをもたらすかどうかを評価する審査プロセスです。申請者が安全保証や健康上のリスクとみなされた場合、ETIAS申請は拒否され、その人は欧州連合またはシェンゲン協定加盟国への渡航を許可されません。ETIASの安全面は引き続き重要ですが、近年の世界的なコロナ禍により、潜在的な健康リスクがより重視されており、

航空会社はETIASをどのように使用しますか?

国際航空会社とETIAS 統計によると、2015年に欧州各国やシェンゲン協定加盟国への不法入国が約200万件あり、その後も増加していると予想されています。このため、欧州連合(EU)は、現行のセキュリティチェックを逃れて欧州に入国する不法滞在者の増加に対処するため、2つの電子監視システムを導入します。現在ビザなしでアクセスできる欧州への渡航者は、2023年以降、ETIAS(欧州渡航情報認証制度)の認証を取得する必要があり、欧州のすべての出入国は出入国システム(EES)のデジタルデータベースに記録されます。2つのシステムの違いは次のとおりです。 ETIASには乗客の渡航前審査が組み込まれており、「第三国」の市民がETIAS加盟国に入国し、ETIAS加盟国内で旅行するには承認が必要です EESはパスポートの押印に代わるもので、渡航者が短期滞在(180日間のうち90日間)の1回入国または複数回入国を何度利用したかを確認し、過去に超過滞在したことのある渡航者を特定するものです このETIASとEESという2つのシステムにより、安全保障や、犯罪、健康上のリスクをもたらす渡航者の数を劇的に減らし、渡航者がどこにどれくらいの期間滞在したかについて最新の記録を得られることが期待されています。この新しい措置により、国境当局は自国への渡航者に関するより多くの情報を得ることができますが、新しい計画の実施を任される航空、海上、陸上輸送業者にとっては問題となる可能性があります。 ボートや飛行機とETIAS 2023年以降にETIAS認証が必要となる「第三国」の市民の大半は、空路で欧州に到着します。現在、航空会社は、渡航先の国境当局に搭乗者のリストを提供することだけが求められています。このAPI(事前旅客情報)は、犯罪やテロにつながる可能性がないか、治安当局や法執行機関によってチェックされます。特に警告がない限り、航空会社は乗客の経歴に関する情報を持たず、航空券とパスポートが有効で正常な状態かどうかのみを確認することができます。ETIASとEESの導入により、航空会社は旅客のETIAS認証とEESの状態も確認する責任を負います。 乗客の情報と詳細は、ETIAS中央ユニットのデータベースやEESの記録とオンラインで照合され、瞬時に渡航の許可または拒否が行われることが予想されます。しかし、これは特にETIAS開始当初には必ずしも当てはまらないかもしれません。出発空港の出発制御システム(DCS)に提供されるETIAS/EESの詳細は、iAPIまたはインタラクティブ事前旅客情報と呼ばれる新しいプロトコルを介して処理する必要があります。このプロトコルはまだ開発の初期段階にあり、多くの空港にはまだこのシステムに接続する機能がありません。iAPIシステムが稼働し、コンピュータのバグが解消されれば、航空会社の職員はチェックイン時に即座に受け入れの可否を判断できるようになるはずです。 バスで 長距離バスや国境を越えるバスにETIASとEESを導入することは、国際法執行機関と国境警備機関にとって本当に頭痛の種です。ETIASの各国当局がこの問題に取り組んでおり、ETIASの導入から3年以内にバス事業者が独自のシステムを導入することが想定されていますが、乗客はさまざまな地点でツアーバスや長距離バスに乗り降りできるため、状況を監視することはほとんど不可能です。ドライバーとスタッフはETIASやEESの状態を確認する権利と乗客の詳細を確認する能力を有していますが、現時点では、バス事業者は乗客のETIASやEESの状態を確認する責任を負いません。 手続き これまでと同様に、渡航の際の責任は乗客にあります。ETIASの承認を受けた有効なパスポートは必須であり、旅程や宿泊施設に関する書類の携帯が必要な場合もあります。航空会社は、空港または出発港でETIASとEESのデータベースを通じてデータを確認することにより、パスポートとETIASを検証します。これは複合的な問い合わせであり、回答も両方の機関からの複合的な回答となります。回答は即座に得ることができ、渡航の許可または拒否のいずれかとなります。ただし、欧州への渡航には有効なETIASが必要ですが、最終決定は渡航先の国境警備に委ねられるため、入国を自動的に保証するものではありません。 輸送会社に対する罰則 航空会社は、各人のETIAS認証を確認せずに渡航者をシェンゲン協定加盟国に輸送すると、罰則の対象となります。航空会社がETIASの規則規制を遵守しているかどうかの監視を容易にするため、eu-LISAは2年間、航空会社の旅客チェック実施記録や輸送記録を保持します。航空会社が、ETIAS認証を取得していない渡航者を輸送し、後にEUへの入国を拒否されたことが判明した場合、航空会社は拒否された渡航者をEU域外に輸送する責任を負います。ただし、例えば、ETIASシステムが長期間メンテナンス中で、航空会社が出発前に渡航者のETIAS認証について確認できなかった場合は例外となります。

国境当局はETIASをどのように使用しますか?

ETIASを使用した国境通過 まもなく導入されるETIAS(欧州渡航情報認証制度)は、現在欧州へビザなしで渡航可能なすべての「第三国」市民に、ETIAS加盟国のいずれかに到着する前に審査を受けることを義務付けるものです。ETIAS加盟国のリストには、すべての欧州連合諸国や、アンドラ、モナコ、サンマリノ、バチカン市国などの国境が開かれた欧州のミニ国家、ブルガリア、クロアチア、キプロス、ルーマニアなどのシェンゲン協定加盟予定国が含まれています。 ETIASは、国境管理を強化し、欧州広域圏を出入りする渡航者を監視することで、近年の欧州全域でのテロ攻撃や人身売買の増加に対処するために導入されたものです。これは、申請者が安全保障、テロ、犯罪、または健康上のリスクをもたらすかどうかを評価するために、渡航希望者が申請書に記入した情報を欧州のデータベースと照合することで行われます。ほとんどの場合、申請はほぼ即座に許可され、申請者は欧州へ渡航するためのETIAS認証を取得することができます。ただし、有効なETIASを保有していても、すべての乗客が国境検査の対象となり、さまざまな理由で入国を拒否される可能性があるため、自動的に目的地への入国が保証されるわけではありません。 国境でのチェック 欧州の渡航先に陸路、海路、空路のいずれで到着する場合でも、すべての乗客のパスポートとそれに付随するETIAS認証の状況を確認することは、正式な航空会社の義務です。これが行われないと、乗客は追い返されれ、再度申請を行わなければならず、旅費や宿泊費を含む旅行全体の費用を失う可能性があります。ただし、出発地で審査に合格したからといって、渡航先の国へ確実に入国できるとは限りません。おそらく、到着するすべての乗客は、パスポートコントロールやその国の国境警備担当者によるチェックの対象となります。 出入国審査では、パスポートが再度スキャンされ、収集されたデータは以下に照らして同時にチェックされます。 ETIAS中央ユニットのデータベース EES(出入国システム)のデータベース ETIASデータベースは、ETIASがまだ有効であることを確認し、保有者の名前を相互接続されたさまざまな法執行機関に照会し、警告が発せられていないかどうか確認します。また、紛失、置き忘れ、複製、盗難などの報告があったパスポートもチェックされます。新しいEESは、シェンゲン圏内の渡航者の過去の目的地に関するデータを収集し、過去の滞在期間や、保有者に超過滞在や不法滞在のリスクがあるかどうかなど、詳細な内訳を提供します。 データの検証 国境当局は、ETIAS中央ユニットのデータベースに保存されている渡航者の個人情報へのアクセスを制限されています。国境警備隊は、ETIASおよびEESデータベースに含まれるすべての情報にアクセスすることはできませんが、以下を判断するのに十分な情報にアクセスすることができます。 ETIASが有効かどうか ETIASが特定の加盟国のみに限定されているかどうか 残りの有効期間 ETIASまたはパスポートに関連した警告があるかどうか いかなる部分に問題がある場合も、ETIAS保有者は入国を拒否される可能性がありますが、問題がない場合でも、国境当局は、保有者が犯罪や、テロ、安全保障上、健康上の真のリスクをもたらすと信じる根拠がある場合、入国を拒否する権限を有しています。そのように拒否された場合、その人は出身国またはその人を受け入れる別の「第三国」に戻されることになります。 技術的な問題 ETIASとEESは新しいシステムであるため、特に初期には技術的な問題や通信上の問題が発生する可能性が常にあります。当初は、すべての国境検問所や入国地点でETIASやEESデータベースに即座にオンラインでアクセスできるわけではないため、他の手段によって情報を審査し、確認するために遅延が生じる可能性があります。 国境当局とETIAS中央ユニット間の通信に障害が発生し、ETIASを検証する手段が失われた場合、入国先の国は独自の緊急時対応計画を発動することができます。これにより、国境管理機関は、ETIASの状態を確認する必要性を一時的に無視し、保有者の入国を許可するかどうかを独自の裁量で判断することができます。そのような事態はまれなことだと思いたいですが、2023年のETIAS導入後は、いくつかの初期トラブルが予想されます。

EUの情報機関とETIAS

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、テロの脅威の高まりや、国境を越えた犯罪行為の増加に対する欧州連合の回答です。この制度は、基本的にアメリカのESTAと同じもので、欧州への渡航希望者を事前に審査し、安全保障や、テロ、犯罪、または健康上のリスクがあると判断された場合はアクセスを拒否するよう設計されています。しかし、提案されている欧州連合共通の情報機関の一部として、ETIAS中央ユニットのデータバンクに保管されている情報は、テロ対策援助として使用できることも規定されています。 EUの情報機関 欧州連合(EU)加盟27カ国は、それぞれが独自の情報プログラムを運営しています。これは1つの国ではうまくいくかもしれませんが、他の加盟国との情報共有は、時間がかかるのはもちろんのこと、よく問題が発生します。犯罪や、テロ、医療に関する脅威は、1つの国だけでなく欧州全域に等しく影響を与えるため、すべての情報を共有することは理にかなっています。情報の共有とは、次のことを意味します。 より優れた最新情報へのアクセス より高度で迅速な運用能力 脅威と考えられるもの、または実際の脅威に対する安全保障の強化 応答時間の短縮 時間と費用の節約 この目標を達成するため、欧州連合(EU)当局は、自律的なEU共通の情報機関の導入を検討しています。このような機関の主な目的は、すべてのEU加盟国の治安部隊が、懸念される外国人の生体認証やその他特定可能な情報に迅速にアクセスできるようにすることで、欧州で増加するテロ活動に対処することにあります。欧州への渡航者に関して危険信号が発せられた場合、関連当局は以下を含むさまざまなデータベースに照会することができます。 EES(欧州出入国システム) SIS(シェンゲン情報システム) VIS(ビザ情報システム) 欧州犯罪記録情報システム この計画の支持者によると、ETIASの中央データベースに保存された個人情報を追加することで、新たに設立されるEUの情報機関に、非EU市民の渡航者に関するさらなる詳細情報を提供し、安全保障をさらに強化することができます。ETIASへのアクセスを提供する可能性は、現在、ETIASの保存データのホスティングを担当する機関であるeu-Lisaによって検討されています。 ETIAS申請時に提出した詳細情報の使用 欧州への渡航を希望する非EUパスポート保有者にまもなく義務付けられるETIASを申請する際は、さまざまな個人情報を提供する必要があります。これには、氏名や、住所、年齢、性別、出生地などの基本的な情報が含まれます。ただし、申請書には、申請者の過去の犯罪歴や、テロとの関連、重篤な病状または伝染病の詳細に関する質問も含まれています。申請者から提供された情報は、ETIAS国内ユニットによって評価され、渡航が許可または拒否されます。現在、ETIASでは、指紋や、顔または網膜のスキャンなどの生体認証データは要求されません。 申請書に記入される情報はかなり標準的なもので、提案されているEU共通の情報機関にとっての用途は限定的ですが、初めての申請者は、最初に渡航する国や、旅程に他の国がある場合はその国の詳細も提出する必要があります。また、ETIASには、渡航者が過去に訪れた欧州の渡航先の履歴が記録されています。この渡航情報は何らかの役に立つ可能性があり、新しい情報機関が情報源として使用する可能性が最も高いのはETIASのこの部分です。 一元化と集中化 現在、欧州連合(EU)にはいくつかの独立した法執行機関と情報機関がありますが、欧州全体で総合的な権限を持つものはありません。欧州連合情報活動分析センター(EU…