"ETIASのインフラストラクチャ" に分類された記事を表示しています

欧州旅行情報認証システム (ETIAS) に関する情報、ニュース、意見を含む記事

EUのETIASを支えるインフラシステム

概要 2016年9月14日、欧州委員会は欧州渡航情報認証制度(ETIAS)の導入を提案しました。ETIASは、ビザなしで欧州に渡航可能なすべての渡航者から情報を収集できるよう設計されています。この主な目的は、個人がシェンゲン圏に渡航する前に、安全上の懸念を確認することです。ETIASは、EUの対外国境をより安全かつ効率的に管理できるようにするとともに、国内の治安を改善し、EU市民の安全を確保するものです。 ETIASの主な目標は、犯罪者やテロリストを地域から排除し、EU市民の安全を守ることにあるようです。渡航認証制度が目指している改善点がいくつかあります。ETIASは、空港で従来のセキュリティチェックを受ける必要がないため、渡航者の時間や手間を省くことができると考えられています。国境到着前に渡航者を特定することで、国境管理の改善に役立ちます。ETIASは渡航者を事前に特定できるため、不規則な移動も防ぐことができます。渡航認証制度は、すでに実施されているビザ自由化政策に加え、それを補完するものです。最も重要なのは、ETIASは、EUにとって脅威となりうる人物を特定することにより、犯罪やテロとの戦いを支援するために導入されるということです。ETIASは、ビザの必要がない非EU市民のみを対象としていることにご注意ください。 EU市民の安全を最大限確保するため、ETIAS制度はいくつかの異なるステップで構成される予定です。

EUの情報機関とETIAS

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、テロの脅威の高まりや、国境を越えた犯罪行為の増加に対する欧州連合の回答です。この制度は、基本的にアメリカのESTAと同じもので、欧州への渡航希望者を事前に審査し、安全保障や、テロ、犯罪、または健康上のリスクがあると判断された場合はアクセスを拒否するよう設計されています。しかし、提案されている欧州連合共通の情報機関の一部として、ETIAS中央ユニットのデータバンクに保管されている情報は、テロ対策援助として使用できることも規定されています。 EUの情報機関 欧州連合(EU)加盟27カ国は、それぞれが独自の情報プログラムを運営しています。これは1つの国ではうまくいくかもしれませんが、他の加盟国との情報共有は、時間がかかるのはもちろんのこと、よく問題が発生します。犯罪や、テロ、医療に関する脅威は、1つの国だけでなく欧州全域に等しく影響を与えるため、すべての情報を共有することは理にかなっています。情報の共有とは、次のことを意味します。 より優れた最新情報へのアクセス より高度で迅速な運用能力 脅威と考えられるもの、または実際の脅威に対する安全保障の強化 応答時間の短縮 時間と費用の節約 この目標を達成するため、欧州連合(EU)当局は、自律的なEU共通の情報機関の導入を検討しています。このような機関の主な目的は、すべてのEU加盟国の治安部隊が、懸念される外国人の生体認証やその他特定可能な情報に迅速にアクセスできるようにすることで、欧州で増加するテロ活動に対処することにあります。欧州への渡航者に関して危険信号が発せられた場合、関連当局は以下を含むさまざまなデータベースに照会することができます。 EES(欧州出入国システム) SIS(シェンゲン情報システム) VIS(ビザ情報システム) 欧州犯罪記録情報システム この計画の支持者によると、ETIASの中央データベースに保存された個人情報を追加することで、新たに設立されるEUの情報機関に、非EU市民の渡航者に関するさらなる詳細情報を提供し、安全保障をさらに強化することができます。ETIASへのアクセスを提供する可能性は、現在、ETIASの保存データのホスティングを担当する機関であるeu-Lisaによって検討されています。 ETIAS申請時に提出した詳細情報の使用 欧州への渡航を希望する非EUパスポート保有者にまもなく義務付けられるETIASを申請する際は、さまざまな個人情報を提供する必要があります。これには、氏名や、住所、年齢、性別、出生地などの基本的な情報が含まれます。ただし、申請書には、申請者の過去の犯罪歴や、テロとの関連、重篤な病状または伝染病の詳細に関する質問も含まれています。申請者から提供された情報は、ETIAS国内ユニットによって評価され、渡航が許可または拒否されます。現在、ETIASでは、指紋や、顔または網膜のスキャンなどの生体認証データは要求されません。 申請書に記入される情報はかなり標準的なもので、提案されているEU共通の情報機関にとっての用途は限定的ですが、初めての申請者は、最初に渡航する国や、旅程に他の国がある場合はその国の詳細も提出する必要があります。また、ETIASには、渡航者が過去に訪れた欧州の渡航先の履歴が記録されています。この渡航情報は何らかの役に立つ可能性があり、新しい情報機関が情報源として使用する可能性が最も高いのはETIASのこの部分です。 一元化と集中化 現在、欧州連合(EU)にはいくつかの独立した法執行機関と情報機関がありますが、欧州全体で総合的な権限を持つものはありません。欧州連合情報活動分析センター(EU…

ETIASの強化に向けたFrontexの拡大

欧州の陸と海の国境は、Frontex(現在の正式名称は欧州国境沿岸警備機関)によって保護されています。このような広大な海域や長い国境に対応しなくてはならないため、当局がすべての地域を効果的に取り締まり、監視することに苦労してきたのは当然と言えます。このため、欧州連合(EU)は2019年にFrontexを強化する目的で新しい規制を導入すると発表しました。

国内ユニットがETIAS申請を処理する方法

欧州連合(EU)はまもなくETIASを導入する予定ですが、その内容や、対象者、申請方法、制度の仕組みについては、まだ分かりにくいものとなっています。ETIASとは、欧州渡航情報認証制度の略で、その名の通り、欧州またはシェンゲン協定加盟国に入国する渡航者の情報を収集し、その情報をもとに申請者の旅程を監視するだけでなく、犯罪や、テロ、健康などの理由で入国を拒否するかどうかの判断を行う方法でもあります。 ETIASは、2022年半ばに開始され、6ヶ月間の導入期間の間にシステムの不具合への対処や修正を行い、その後2023年初頭に義務化される予定です。ETIASが正式に導入されると、現在欧州へビザなしで渡航可能な

欧州の航空および船舶旅行におけるETIAS検査

2022年末には新しい欧州渡航情報認証制度(ETIAS)が導入されますが、これは欧州以外のパスポート保有者が今後欧州連合やシェンゲン協定加盟国へ渡航する際に必要となる手続きに影響を与えます。2023年半ばにETIASが義務化されると、通常のパスポートだけでは空港や海上ターミナルに到着できず、ETIAS認証がない限り受け入れられなくなります。ETIASはパスポートに電子的にリンクされており、EUおよびシェンゲン圏の国境管理ポイントや、欧州域内への渡航経路である陸、空、海の輸送会社でスキャンすることができます。 また、